お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2009年02月09日

宗教観2.

お釈迦様然りイエス然り、同じ人間であったはず。
菩薩集団、弟子集団にいたっては尚の事、人間ではないと言うほうが不自然。



どのようにかして得た知識、その真理、それには無限の価値がある。
だが、その価値を自身に重ねて、崇め奉る事をさせようとしていたのか?




どうやら人間には、出来なかった事が出来る、知らなかったことを知っている…、そのような人・物に対し崇拝する傾向があるらしい。
そして、崇拝して、それでよしとしてしまう傾向も。

…自身の無知を真摯に受け止め、吸収すべきものは吸収し、学ぶべきものは学び、自身を向上させる…
そう思うに至らず、驚嘆・感心して、それで終わる。




【神】人間にはとうていもち得ない、すぐれた能力を持っていて、世界を支配していると考えられている絶対者と、それに仕えるもの。

【仏】1.悟りを啓いた、仏教の聖者。(狭義ではシャカ(の像)を指す。また、起こることを知らぬ人・慈悲深い人にもたとえられる)2.(仏葬を受ける)死者の霊
                三省堂:新明解国語辞典より




教鞭を持つものは、生徒が自身を追い越すことに少なからぬ喜びを感じるはず。
感じないのならそれは、生徒から崇拝されていたいという自己実現欲・顕示欲からのこと。
仏様・神様ともあろう方、よもやそのようなことは考えにくい。




どのような事であれ…新しく事を始めるなら、その先人(先輩)に自分の未来を重ね合わること、それは誰でもやる事だと思います。
そして、そのような憧れに思う人物がいないとき、目標を見失うのもありえる話し。
posted by moya at 18:45| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
Posted by 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 at 2009年02月18日 12:27
中里様

応援ありがとうございます!

がんばります♪

またいらして下さいね。
^^
Posted by moya at 2009年02月18日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック