お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2008年11月09日

無責任のすすめ:ひろさちや

国家(共同体とも言い換えられると思うけど)それは元来毒である、用法・用量次第で毒にも薬にもなる。


競争至上主義に毒された「ウサギとカメ」
(その民話?は世界各地にあるけれど内容と結末が地域によってまったく違っていたんですね!)
(日本のそれは勤勉な日本人像を子供の心へ植えつけることに一役担っているのかな。)


多数決(民主主義とも言い換えられると思うけど)それが日本の教育を壊している、十人が一人をいじめていたらそれは十人のほうが正義なんだ。多数決だからね。


ノルマ社会のほうが競争社会よりも人間的だ。
(つまり社会主義のほうが民主主義よりも人間的だ…って趣旨)

ノルマを達成すれば後は遊べる。
最後まで気の抜けない、最後の最後まで出世レースを争わなければならない社会よりもいいに決まっている。



政治家であれ経営者であれ…責任論云々は選ばれた偉い人に任せておいて、われわれ庶民は無責任に自分の都合を要求していきましょう。
でも自分の人生は自己責任で、迷ったら無責任に仏様におすがりしてサイコロで決めてもいいじゃないか。

泥から咲き出る白蓮華になろうじゃないか。








神様という表現が出されないことが筆者のこだわりかな?

社会制度云々から人としての在り方を考える内容だけどそれは評論家の視点、対象と同次元の視点に感じる。

だからこそ読みやすい、だからこそ物足りない。

もう少し著者ならではの俯瞰した・達観した視点を感じられるとよかったのになぁ…。



政治家・経営者…責任者って立場[以外]の人に。


読了





新刊も中古本も同時に購入!1500円以上で送料無料!


ブログランキング【くつろぐ】
posted by moya at 14:59| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック