お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年05月13日

「子どもが子どもを育てている」とデスクトップ発注

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

乳飲み子や学童を連れているような親御さん。若い夫婦。

そのほとんどが年下になる。
新入学の学童を受け持つ先生が年下になる。
そんな年齢になりました。


はるか遠くに感じていた大人の世界が、気がついたら通
り過ぎてしまったような感覚です。



そうした大人って云われる年頃のかたがた。欲望の勢い
に任せ、わけもわからず意味も知らず、命を授かったり
結婚という契約をしていたりするのでしょう。


その欲望は身に覚えがあります。


「子どもが子どもを育てている」って、まさにそれは言
い得て妙。

そのくらい…親の年齢になる子どもがいて、孫が産まれ
ていても不思議ではないような年齢に私はなっています。

その意味では、私は人として産まれてきた甲斐をひとつ
無駄にしているのかも知れません。


そんな年齢になってみれば、「子どもが子どもを育てて
いる」とは実情であり、至極当然の現実であったと理解
することができます。

皮肉めいた物言いのようですが、人は幼子でも成人でも
老いたかたでも間違いなく誰かの子どもであり、その人
が子育てに関われば「子どもが子どもを育てている]風
景です。


そして何より、そんな欲望に突き動かされていく在り方
は女性も男性も・大人も子どもも・人はおよそ変わりが
なかったのだと。



そんな環境…私は我が子を育てる環境に私を置くことが
できませんでした。幸か不幸か男性として生を受けた私
はまだ可能性を持つことができますが、この先にそんな
機会がなかったとしても悔いや後悔はありません。

今ここ・今この世界でのそれはおままごとのようであり、
人として生きる・在る醍醐味を得るのに今のここはもう
十分すぎるほどに整えられた環境であり、そうして叫ば
れがちなのはおよそこの世の都合であったこと。


およそそんなことに思いもよらず、欲望に任せた行動で
経済を社会を動かし命を繋いでいくのが普通で当たり前
な今この世界。ひとりの社会人・大人・人間・という立
場として、加えて日本語を母国語として日本という地に
在る今が本当にありがたいのです。





さておき、パソコン発注です!

何十年ぶりにデスクトップです☆


メインとして使っているA4WIDEノートが機嫌を損
ね始めました。
ファンの動作音が気になるようになったり、起動時に
「Fan Error」というエラーメッセージが出たりしています。

ファン付近にほこりが積もっているのか…といってメン
テナンスへ出そうにも代替機がない…し、当分は引越し
や出稼ぎなどないつもりだし、実際最近のパソコン使用
環境は自宅ばかりだし、ノートを控え扱いにしてメイン
にできるデスクトップを用立てようか…。

なんて見てみたら、おっきな箱とディスプレイとキーボ
ードってデスクトップコンピュータのイメージなんてす
でに昔のこと。薄く軽く小さいスタイリッシュなデスク
トップモデルが出ているのですね!


昨年にノートを2台買って、一台は程なく売って、その
もう一台が今使っているノートなのだけれど。その翌年
(つまり今年)さらにまたパソコンを買うことになる
(する)とは…。

一年後の自分ですら予想することは適わない。
さすが、わからないものですね。



玄関脇のモジュラージャック前におおきなデスクトップ
パソコンの本体と、キーボードとディスプレイを設置し
て陣取って、毎日ダイヤルアップ接続していた、このブ
ログを始めるよりも数年前の頃…。
ノートパソコンを抱えて出稼ぎ先と自宅と行ったり来た
りしていた頃…。
昔を懐かしく思い出したりします。ww


moyaの日記
出稼ぎ生活の終わりとドライヤーの修理と特別価格と電動歯ブラシとパソコンと買取査定

moyaの日記一番最初の記事…よりもちょっと前がダ
イヤルアップ接続の頃でした☆
パティシエへの道1(バイクレース活動のクライマックス)



ちなみに今回もこちらの富士通パソコン、目玉品パソコ
ンからチョイス◎

富士通パソコン 目玉品特設コーナー


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:10| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする