お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年04月24日

今は昔とコロナ禍と今ここのありがたさ

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出稼ぎ派遣社員当時、10万円台半ばで推移していた手
取り給与額。
寮費=家賃が天引きされていたことを加味すれば、支給
額はおよそ20万円前後であったのでしょう。


派遣社員を辞めて自宅に戻って、家賃という経費が減り、
加えて給与水準は上がった。
そこだけを見れば、私が選んだ出稼ぎ生活は貧乏くじで
あったのかとか;



派遣社員として上場企業の磁石工場に勤めていた当時、
その同僚…っていうよりそこで為すべき仕事を教えて頂
いた先輩派遣社員のMさん。
バイク談義に花を咲かせたりもしました◎

そんなMさんから、およそ一年ぶりになる久しぶりの連
絡、メールが届きました。
元気か?…って、何気に連絡してみた…って感じの内容。

そう、何気に…。フラッシュバックする派遣社員当時の
風景を懐かしく感じたりします。
今は昔…昔話になった当時の風景。



昨年…十数年ぶりに(出)戻ったタクシー乗務員。この
春先まで、その支給額は20万円台半ばで推移していま
した。
しかしコロナ禍な渦中、また派遣社員当時なりの10万
円台に戻ってしまいそうです。

往来する人の数ははっきりと減り、車通りも少なくって、
車で走りやすいのはありがたいのだけれど。駅のタクシ
ープールに入ってもその回転速度がはっきりと落ち、タ
クシープールで一時間以上悶々と順番待ちするのが通常
になってしまっています。


しかしなにより、時間と行動に自由がある今のメリット、
自由自在な今がうれしくありがたいのです。

空車になったら為替市場・FXの値動きを確認したりし
ています。
派遣社員当時の勤務日には朝晩の二回しか確認すること
ができませんでした。比して今、より大きな上がりを確
実に得られています。

お客様が途切れることなく次から次へと、ひと息つく間
もなくお送りしていた頃より、お客様の薄い今のほうが
ありがたい面があったりします。



今回初めて、勤務中の客待ち待機中にiPadから記事UP
しています。

そういうことができるのもありがたいですね。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:35| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする