お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年06月24日

溜まったブログ作業と余裕の功罪と自営業の立場と従業員の立場

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

派遣社員・工場作業員として赴いていた近年。
ブログ記事の更新をぼちぼち進めつつ、終了記事の差し
替え・貼り替え・削除もぼちぼち進めていました。

進めていましたが、記事の更新だけでほとんど手一杯で、
差し替え・貼り替え・削除が全然追いつけていませんで
した。

今ようやく溜まっていた分を取り戻そうと進めているの
ですが、その数が多すぎて・溜まりすぎてて全然はかど
りません;



赴いていた工場では、冗談のつもりなのか人をいじった
りだとかしてくる光景がそこかしこに見られました。
まったく、余裕があると人はろくなことを考えないもの
です。

でも、そんな余裕がアイデア・インスピレーションの源
泉で、創造の源泉で、成長進歩進化に必要な原動力であ
ったりします。

でもでも、余裕がなくなるほどに追い詰め・追い詰めら
れ、無我夢中・がむしゃらに取り組んでいたら、それで
こそそこにひらめくアイデア・インスピレーションがあ
ったりもします。

どっちがいいのでもどっちが悪いのでもない、両方ある
ことがきっと佳いのでしょうね。




派遣社員(=従業員)として、製造ライン補助員(=ア
シスタント)な立場を頂いていた当時。ほとんど休みな
く仕事はあるのですが、ごくまれになにも仕事がないタ
イミングがあったりします。
することがない。ただそこにいなければならない。

自営業「利休ねづ」営業当時、当初。客が来ない店内で
することがなくただ立ち尽くしているバイトくん、その
姿を店の奥から眺めるたびにいたたまれなさを感じてい
た当時。
そのバイトくんと似たような状況に今私はいる…って、
ふと思い出したり。



自営業当時のそれは、お客さんが来てくれないと収入・
利益はおろかバイトくんに払う給料も出せないこともや
るせないのですが。
派遣社員当時のそれは、そうしている時間も間違いなく
収入に繋がる立場をありがたく感じたりもします。

が。
その立場を離れてしまった今。

早く前進につなげたいものです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:03| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする