お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年01月28日

あおり運転と虐待と死亡事故と怒りとアンガーマネジメントと感情という宝物ともったいないと読売新聞

あおり運転からの死亡事故という痛ましい事件や・虐待
を疑われていたにもかかわらずそれを防ぐことのできな
かった痛ましい出来事や…

信じがたいようなトピックが次々と出てくる今この世の
中の不思議。



一見まったく別件なそれぞれのトピックですが、怒りと
いう一時の感情に我を忘れた行動という種子によるもの
として見れば、そこに共通項を見出せる気がします。



読売新聞 YOMIURI ONLINE
怒りの母「人生を返して」…被告は身じろぎせず
死亡の小4、何度も泣き叫び「お母さん怖いよ」



そこでアンガーマネジメントの必要性が意識されてくる
のですが。
そんな大味なものマネジメントするまでもなく不要…と、
切り捨てられないのが普通なようで。



moyaの日記
「アンガーマネジメント」と「怒れる幸せ」と「両性識有」
「ゲイとばらされ亡くなった学生」と「人をイジる必要がない」と「近視眼な評価は無用」と「両性識有」



感情という宝物を、一体どうしたことなのでしょう。
もったいない。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 13:15| 静岡 ☀| Comment(0) | 社会・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

「右足第四指の痛みと不思議」と「嘘と理解」と「親切と怖さ」と「欲望と虚像・偶像」と「瞬きの指摘と祝福」と「やさしさと代償」と「不思議に思わない人と注文が多い人」と「変わらない欲望と狡猾」と「素晴らしい今この機会と幸せ」と「愕然と狡猾」と「釣りと若さと憧れ」と「知らないことと喜び」と「若さと相対的な概念」と「善悪と面白い」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近右足が、右足の第四指が痛いのです。骨のダメージ
を心配するような痛みから始まったのですが、そんなダ
メージになるようなことは何もなかったので不思議に思
っていたところ、ほどなくその中心にタコが出現。
あ、そういうこと;
でも、それにしては痛みが広範囲でひどすぎない?
安物の靴があっていないのか、勤務日には三万歩近くま
で行くそれは歩き過ぎなのか、或いは…。
不思議の尽きない今日この頃。



出稼ぎ先であり寮のある静岡県湖西市。
日勤夜勤交代勤務の、四勤二休シフトの日勤勤務4日目
に自宅へ帰る、そんな生活サイクルも間もなく一年。
派遣元会社の担当に騙されて・嘘をつかれて配属された
にもかかわらずよくやってるな…って自分で思ったり。





自宅へ帰るとき…在来線の普通電車で二時間近くかかっ
てしまうので、残業が基本の職場の中でお願いしてその
日はいつも残業なしの定時上がりをさせてもらっていま
す。

なんでもなく受け入れて了解して帰してくださる方がほ
とんどの中で、いつも決まって
「彼女を待たせてるんだもんね!」
嘘で冷やかした・茶化したリアクションをくださる方が
います。

敵意や悪意のあるものではないのはわかるのですが、事
実と違うことを再三繰り返されてその都度笑顔でリアク
ションを返すのって気分的に疲れてしまいます。
それを聞いた誰かは本当にそうなのかと思ってしまうこ
ともあるでしょうし、そのつまらない嘘が人の誤解を招
いて無用のトラブルを招くかもしれないとは考えないの
でしょうか。考えないのでしょうね。
重いも軽いもなく…嘘をつく人の心境を理解することが
できません。



痴漢・セクハラじみたことをする人がいます。
男性だという自覚を持って、性的な欲望を私に重ねたと
でも言うのでしょうか。
でももう飽きたのか、そういうことをしてこなくなりま
した。
花の命は短し…決してそういうことを推奨したいのでは
ありません。ですが、そうした即物的な男性的欲望があ
ってこそ産み富み栄えることのできる今この世界・社会。

女性男性それぞれの欲望の象徴…外見を経てきてみれば、
なんだかいかにも虚像・偶像めいて感じてしまうのです。



何気にまばたきするとき、私はぎゅっと目をつむるよう
にすることがあります。
それを見ていちいち指摘する人がいたりもします。
それがなにか?迷惑をおかけしましたか?…なんて聞く
のもはばかれるし。いつも苦笑で受け流すのですが。
それだけヒマで…というより余裕があるのでしょうね。
きっと祝福すべき素晴らしいことなのでしょう。



何かと親切に、仕事上の助言をくださる方がいます。
やさしげな素振りをありがたく思いつつ、それを過大評
価しないように・それは一面に過ぎないことを改めて心
に思ったり。
そうした助言を聞き入れて、次にその人の前でその仕事
をするときにはそれをしなければならないプレッシャー
があったりします。

そうしないと「言ったじゃん!聞いてないの?!」なん
て、キレ気味のリアクションを見せられても困りますし。
(…そういうのって一種の逆ギレかも)

面倒見のいい人って、そこだけではわからない怖さとか、
代償が高かったりすることがあります。
同じように
やさしげな人って、そこだけではわからない怖さとか、
代償が高かったりすることがあります。



そうしたかたがたを始めにいろんなかたがいらっしゃっ
て、意識・無意識色々あるようですが…さまざまな物事
がさまざまに求められて、多くの目標・目的が為し遂げ
られていく今この会社・社会・世界。
今ここに在る。不思議に思わない人が圧倒的多数。それ
が普通。




不思議に思わない…つまり違和感や疑問を持つことなく、
生きている今へ全身全霊で打ち込み取り組んでいる。
それはきっと幸せなことであり、それが幸せなのでしょ
う。

社会が演出した?遺伝子が演出した?自分自身で演出し
た?多くの欲望に踊りつつ、必要な幻想の中、多彩な感
情と共に生きる在る。
素晴らしい今この機会!



そうして考えている今この私。そんな私とご縁があった
人・その人が持つ欲望。
意味があるのかと思えばさにあらず。

表面的な欲望ばかりであることに愕然とします。

男性から見た女性は無欲に達観しているようにも感じた
けれど、決してそのようなことはない。
男も女も変わらない。
ただ女性のほうが少し賢く?狡猾なだけ。


二流人・三流人ほど注文が多いなんてもいいます。
求めるまでもないことを知るから上流になるのか、上流
にいるから求めるまでもないことを知るのか。どちらな
のか・或いはどちらでもないのかはわかりませんが。

今この機会は素晴らしいものなのだけれど、人はみな自
らの欲望を叶えるため・自らの欲望を満たすために人を
釣ろうとしているようで…いえ、「よう」ではないです
ね。みなひとり残らず何かの形で人を釣ろうとしている。
小賢しいのです。

酔狂なゲームに付き合うのもうんざりしてきます。
幼さを感じずにはいれないプレイヤーばかり。



昨今の平均寿命を考えれば、人生の折り返しを過ぎてい
るであろう今。
若さ・若いって素晴らしい…若さへのあこがれというも
のが納得できる気がします。
といってそういう頃に・若いころに帰りたい…なんて白
痴なことを言いたいのではなく。

人が持つその憧れとは、そこに在る可能性への憧れか。
それはつまり無知への憧れかと思い至ります。
そうであるなら、若さとか・つまり年齢に依らず…無知
さ加減はおよそ変わりがないのだから、憧れるまでもな
く今その・今この存在が素晴らしいもの!
だということにもなりそうな気がします。



私も人との関係に夢を重ねていた頃がありました。

それも若さでしょうか。
「知らない」そのことの素晴らしさか。

求めるまでもなく喜びはいつもそこにあったのに。




とまれ。
大人と子どもだって、つまり若さ云々言ったってそれも
相対的な概念のひとつ!
大人も子どももない。つまり若いも若くないもない。
生きているその人が今そこにいる。
今を生きる。
そのことに女も男も大人も子どもも上も下も右も左もな
い。



さらに加えて、善も悪もないのでしょう。

善悪とは相対的な評価に過ぎないのだから、そんな絶対
値があるわけもない。

それを用いて人にレッテル貼りした「悪人」というもの
も相対的な評価に過ぎないし、そんな人がいるわけもな
い。
善人というのもいるわけがない。



例えば法規を守る気がなく破り続ける人や人を殺めた人
なども決して悪・悪い存在ではない。
しかしそのままでは今この現代人間社会世界にそぐわな
いから、悪というレッテルを貼って迎合できる変化を期
待しつつ、罰として十字架を・何らかのペナルティを背
負わせる。

よりよく(良く・佳く)生きようとする人の・人間の苦
心、そのひとつなのでしょう。
はじめからいいも悪いもないのにね。



相対指標を手放しては?
…なんても思うけれど、それでは今ここに生きている価
値が・苦心してきた意味が半減してしまいそうな気もす
るし。




面白いですね。

今私はここに在ります。

なんの煩いもなくそうして思えることがとにかく幸せで…
それは人が苦心惨憺し築き上げてきたものの上に成立し
ているのでしょう、ひたすらありがたいのです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:55| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

プロキオン

「プロキオン」をご紹介します。
これも手段のひとつだけれど、それも幸せなのです☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   《注目》現役最高齢AV男優愛用の!
    指定医役部外品【プロキオン】!

・年齢を重ねるごとに下半身の元気がなくなってきた
・夫婦間のコミュニケーションが不足してきた。
・「パートナーを満足させられているのか?」という漠
然な不安を持っている
…プロキオンが世の中の悩める男性に元気を贈ります!

    40歳以上の男性に大人気!
 滋養強壮剤としては非常に珍しい医薬部外品!
  内容成分等の安全が立証されています○

  サイトではYouTube動画を公開中!!
手軽にお試しいただけるお得なお試しパックをご用意!
今なら!とてもお得な特別価格+送料無料で京福堂から
ご案内中!
    ▼もっとくわしくはコチラ!▼

プロキオン
posted by moya at 21:49| 静岡 ☀| Comment(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

「トイレの違和感」と「視線とストレス」と「LGBTとトランスジェンダー」と「三つ子の魂百まで」と「ITmedia」

違和感があるというのは、置かれた状況と自身の認識や
思いとがそぐわないものであるということ。

ということはつまり、その役割と区別を認識しているこ
とに加え、そのいずれかである自覚を持っているという
こと。

俯瞰してみれば…役割も区別も自覚もそのすべてが素晴
らしい!…なんて思っても、その当事者にそんな余裕は
ないようで。




四割のかたが中学生までにその違和感を持たれていたの
だそうで。

そういう意味でいうのなら…それは役割分担として自律
的に設けられている壁なのだから最大限尊重して然るべ
き…なんて、違和感というより敬意のようなことを私は
思っていました。


自ずと、役割で区分けされる場であればふさわしいほう
へ・外見で区別される場であればふさわしいほうへ・そ
のいずれでも解決できないのであればその区別がない施
設を利用する。



自立・自律的に判断すれば自ずとふさわしい答えが得ら
れそうに思うのですけど、それでも納得できない人が実
は多いというのが今いろいろなかたちで表面化していま
す。


納得できない…ぐずる三歳児のようだと思ったり。

論理が通じないのはとても手強いのです。



三つ子の魂百まで…三つ子・三歳までに形作られたその
魂は生涯持ち続けられる。

市井の人々や、施設に入りいよいよ後期高齢者な我が母
などを見るにつけ、最近とみにそれを思うのです。

三歳児の魂はいくつになっても変わらないと。



今生中はその魂と考え方が維持されていくのでしょうか
ら、今生中・現生中に飛躍的な成長など望めないのが道
理であったりするのかもしれません。


ITmedia ビジネスオンライン
「トランスジェンダーの3割「トイレに入る際の視線でストレス」 (1/2)


moyaの日記
「女装」と「トイレ」と「解決策」と「JCASTニュース」と「両性識有」

「女は男に甘え依存し、男は女に甘え依存し」と「LGBT」と「性の垣根を越えた」と「両性識有」


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 11:25| 静岡 ☀| Comment(0) | 社会・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ココナラ電話占い

「ココナラ電話占い」をご紹介します。
どの占いに・どの占い師に相談しよう…悩みが増えたり☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     テレビCMでおなじみ!
   「最大30分無料」クーポンあり!
     【ココナラ電話占い

    1500人以上の占い師が!
  あなたのお悩みのためにスタンバイ!!


・片想いのことや彼氏彼女のことや夫婦関係の悩み…
・友達に話せない悩みを今すぐ誰かに聞いて欲しい!
・お値打ち電話占い1分108円〜!
・24時間受付中!!


   豊富なレビューは一読の価値あり!
電話相談したい人も電話相談を受けたい人も受付中!
   ▼もっとくわしくはコチラ!▼

ココナラ電話占い
posted by moya at 10:23| 静岡 ☀| Comment(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

「性愛対象と消耗品感覚と自戒・自問と醍醐味」と「広義の罰と自意識の低いこと」と「ハラスメントと嫌がらせといじめ」と「慮りと希薄化」と「女性軽視と人間軽視」と「キャンペーン ・ 週刊SPA: 女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい ・ Change.org」と「両性識有」

問題提起されたのは週刊SPAの記事
「ヤレる女子大学生RANKING」というもの。

しかし雑誌などでは以前から・昔から見られる同様な企
画記事タイトル。

Change.org
キャンペーン ・ 週刊SPA: 女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい


読者層・およそ青年期男性にとってそれは興味を惹かれ
食指をそそるものなのでしょう。その時期を過ごしてき
た身としてそういう時期もあると理解することはできま
す。

そんな企画記事需要がある背景にはまるで使い捨てな消
耗品感覚のあることが伺えます。
それは少なからず男性視点であり、女性を性愛対象に貶
めるもの。

何も考えずその性愛に・そうして欲望の求めるままに求
め続け、繁栄し存続してきたのが人間という種であり生
命であり存在であり、さらに社会・経済の原動力でもあ
り。
如何なものかとされつつもその否定もできないことに微
妙な問題の気配を感じつつ。



謝れとはつまり、罪の自覚があり、罪の自覚を持ってい
ることをわかるように表現することを求めること。広義
の罰。しかし罰が求める結果を招くとは限らず、罰を与
えたという自己満足で終わってしまうことも多々。

自意識の低いことがやるせないのです。



性的なものはもとより、抱えたその欲望を一方的に他人
へ求めるのは傲慢ではないか?
そのように自戒・自問する人間が少ないことは間違いな
いようで。



欲望を他人へ向けた時、そこには感情の源泉があり、喜
びが湧き出たり悲しみが湧き出たりします。(それはリ
スクと呼べるのか?)

悲しみを生んでしまう可能性を知って承知したうえで欲
望を他人へ向けたならそれはいわば確信犯であり非常に
傲慢なこととも言えそうで。だからこそその欲望を自身
に・自分に向けてみた私。(単純な自慰行為としてでは
なくww)


しかし、自分に求めてみてその成果・結果として、求め
るまでもないと知ってしまった、知ることになった。そ
のことを哀しく思う今。

きっとそれも醍醐味であり喜びであるのでしょう。




そんな企画記事需要がある背景にはもうひとつ、悪口の
意識、〜それを言われた人がどう思うか〜慮りの意識が
薄い・もしくはないことが感じ取れ・汲み取れます。

ハラスメントという言葉が広く使われるようになった現
代日本社会。
直訳意訳すればそれは嫌がらせ。
セクシャルハラスメントに始まり、パワハラだとかモラ
ハラだとかスメハラだとか…広く多く増殖しているよう
です。


ハラスメントって、つまりいじめとほとんど一緒。大人
がすることはハラスメントで、子どもがすることはいじ
めですか?
子どもは大人のまねをするものなのだから、なおさらそ
の線引きは意味のないものに。

大人も子どももない・男も女もない・上司も部下もない…
ハラスメントが広く蔓延する背景には慮(おもんばか)
り意識の希薄化がありそうで、人(他人)の痛みがわか
らない、慮りの忘れ去られたその風景が怖いのです。



moyaの日記
「相手の立場で考える」と「相手の立場で考えない」と「有名無実」と「NAVER まとめ」と「KAIGO LAB カイゴラボ」と「両性識有」

「YAHOOニュース」と「性犯罪者は死刑に」と「月光」と「週刊女性」と「痴漢抑止バッジ」と「刑や罰」と「両性識有」




今回のそれなどは女性軽視だと問題視・問題提起されて
いますが、それは人間軽視でもあり。

男性視点に留まり生殖本能に溺れる人やら、女性視点に
留まり自己実現の一端・保身欲に囚われる人やら。もち
ろんそれは十人十色・百人百様で様々であり、その幸せ
な有様は素晴らしいことなのですが。

人間軽視を問題視する人はおろか、先ずその人間軽視に
気が付く人が…いないのでしょうか。




両性識有137ページ
男女間・異性関係で考えるなら…男だからというだけで
我が身を省みず女に求めたり、女だからというだけで我
が身を省みず男に求めたり。もしかしたらそれってすっ
ごい失礼なことをしていない?!

同135ページ
…それって狭義の快楽主義? 放蕩者過ぎやしない?
例えば「自分に甘く人(他人)に厳しい」「自分をさて
おき人(他人)に物事を求めるばかり」…そんな人を見
た時って、哀しくなります。
自分にないものを他人に求める? そんな安直な!

同155ページ
結局なんでも「求めている時が、実はいちばん幸せ」…
つまり今すこやかに在ること、そのありがたさがいちば
んの幸せなのかもしれませんね。

同137ページ
…それじゃあ…って、他人に求めるのではなく自身に求
めた結果でもある女装・女性化。自分を、女装・女性化
を正当化するつもりはないけれど、moyaはそこに違和感
もありません。

同112ページ
最近は「笑い」というものが随分下卑てきましたね。
「嘲り」「嘲笑」が基本のように感じます。
テレビという媒体によって広く持たれるようになった意
識のひとつ、例えば若手芸人をいじり倒してみんなで笑
う。大人みんなが笑う。そんな光景を見て育ったこども
はそれを当然として成長していきます。“デスブログ”
なんて話題もありましたが、それは“いじめ”そのもの
ですね。


それもひとつの愛情表現・仲間意識の表れ、陰口として
言うのではなく直接言ってくれている・嘲笑しながらバ
カにしながらでもそれを認めてくれている、そう思えば
ありがたいことに違いないのだけれど。

敬意もへったくれもなく。「人を嘲る・悪口を笑って言
う」その感覚が普通に蔓延しています。恐ろしいことで
す。

同118ページ
人間関係は敬意を前提にしたいと思っています、大人で
あれば性別・年齢関係なく。

同112ページ
もうそろそろそこに「質」を求めてもいい気がするので
すが…。

同137ページ
まだまだ知らないことのほうが多いmoya、だからこそさ
まざまな有象無象相対事象を感じたいと思っています。
moyaは、女装・女性化もひとつの方法としてアリだと思
って、そういう選択をしました。

2種類の性、古来さまざまな物語が語られ、これからも
永遠のテーマとして語られていくのでしょう。どちらも
が併せ持つ一側面、何が違う・どこが違う・そこが違う
…違いを強調して意識するのではなく、その違いを楽し
めたら素敵ですね。

同138ページ
好意を寄せる異性がいるのは素晴らしいこと。そんな恋
心・意識・意思はどこから生まれているのか?
社会的な打算として?
肉体の生殖本能として?
つまりDNAの自己保存本能?
征服欲・所有欲…つまり我欲?
存在承認の要求…我欲か?
或いは?…
好きも嫌いも人の縁…なんて思いつつ、その御縁の由縁
を思うと…。なんだか百年の恋も冷めてしまいそうな、
オママゴトみたいな気がしてきちゃいます。

同155ページ
願わくば皆がもっと自由に在りたいものです、「考える
葦である」ごとくに。

両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 14:48| 静岡 ☀| Comment(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

JTBショッピング

「JTBショッピング」をご紹介します。旅先のおいしい
出会いと地元で再会したり、新たな出会いだってあるか
も◎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   日本最大の旅行会社JTBグループの!  
  国内・海外のお土産通販・お取り寄せなら!
     【JTBショッピング

旅行に持っていくと便利なトラベルグッズからお取り寄
せ商品まで幅広く取扱い。


・取扱い商品数は4,000超!
国内外のお土産品はもちろん、トラベルグッズ・旅行も
贈れるカタログギフトなど、旅行にまつわる商品を幅広
く取扱い中!

・会員登録(無料)で、5,400円以上送料無料!+
初回購入(5,400円以上)で500円OFF!

・そしてもちろん、JTBトラベルポイントがたまる!つ
かえる!!


  口コミ評価の高いお土産・お取り寄せとは?
     ▼もっとくわしくはコチラ!▼
JTB300x250
JTBショッピング
posted by moya at 06:06| 静岡 ☀| Comment(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

血中鉛と健康被害と初心忘れるべからずと新たな選択肢と消えたフードサービスと仕事・職場の大同小異と塞翁が馬と自由自在と幸せ

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新年を迎えました☆
あけましておめでとうございます◎


今私が従事しているのは四つの製造ラインの補助員、雑
用係。全力で動き回っていないと追い付きません。

雑念を忘れ目の前の為すべきことへ夢中にならずにはい
られない時を過ごす。ありがたいのです。

ありがたいけれど、まま追いつけないこともあり、それ
はそれで少し切なかったりもします。



そうして従事している仕事は鉛を扱います。
健康被害が懸念される材料のひとつです。

だから?血液検査のある健康診断がちょくちょくありま
す。


従事して半年ほど経過した数か月前のこと。
この間にも何度か健康診断・血液検査があったのですが、
まったく問題なく過ごしてくることができました。
やがて緊張が薄れ、手洗いや保護具の徹底などちょっと
疎かにしてしまった従事半年経過後の私。

で、案の定?秋口の健康診断・血液検査で血中鉛分が検
出され、要注意の診断を頂いてしまいました。




調べてみると鉛の健康被害は造血系や神経系、腎臓障害
や生殖障害などが懸念され、蓄積性があるようです。

経皮吸収はほとんどないということで、接種してしまっ
た鉛分とはつまり、手についていたものを私が口から摂
ってしまったのでしょう。



昔は水道管に鉛が使われていたり、鉛製のアクセサリー
が流通しているころもあったようです。

吸収された鉛のうち骨などに沈着してしまったものはし
ぶといようですが、血中鉛の半減期はおよそ一ヶ月・3
0日くらい。なかなか排出されにくいようです。

過日扱っていたフッ酸のような劇症はないようでも有毒
であることには変わりなく。

moyaの日記
「新たな環境と用意されていたもの」と「労働者思考と待機仕事」と「フッ酸の恐怖とすぐそこにある死」と「生老病死・生々流転・諸行無常な生死は表裏一体とありがたさ」

初心忘れるべからず…手洗いの徹底を改めて誓う私なの
でした。

(手洗いでなんとかなるレベルなのをありがたく思った
り☆)



そうした折、新たな選択肢が提示されました。

富士山の麓で医療噐製造か・地元で家電製造か・或いは
フードサービスか…



ひとつのところに留まらず、思いがあればそこへ素直に
忠実に。
仕事を移り替えてきた私が経験してきた勤め先は現在ま
でに30か所ほど。

結局どこもがどれもがだれもが大同小異であったことは
確かだけれど。いい歳になってから多くの職場を・多く
の人を観たいと思っても到底それはかなわない。私の年
齢が若かったからこそできたこと。

若いうちの転職を勧めたいのでは決してないけれど、私
自身はそうしてこれてよかったと、心から幸せに思って
います。



なんて思っていたら、フードサービスの選択肢は消えて
しまいました。

それも由なのでしょう。命を粗末に扱うことになるその
立場にならなくて良かったと胸をなでおろしたり。



人生万事塞翁が馬。

幸とか不幸とか言ってもそれはその一時の・その時だけ
に限られた近視眼な独善的評価。

今生きている。それがつまり自由自在であり、何よりの
幸せであること。



多様性・多彩ぶりを肌で感じ・実感できる。

プロセスを楽しむことのできる今この機会。

無条件に幸せなのです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 05:56| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする