お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年10月06日

「父の遺したもの」と「母の笑顔」と「欲と喜びと苦しみ」と「ヤフオク」と「台風で足止め」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先の九月最後の週末に三兄弟そろい、死後七年以上も経
つ父の生活地を訪ね。そこで初めて遺品と会うことがで
きました。そしてその足で、サービス施設で過ごしてい
る母のもとを訪ねてきました。



母と別れる前から付き合いがあった=父の浮気相手であ
ったその人、Mさん。
口を開いて出てきた言葉は、父を偲んだものではなくそ
こへ費やしてしまったもの・こと・時間への嘆き。
遺品への愛着などはなく、早く持って行って!とまさに
邪魔物。

その姿を見ていて重なるのは母の姿。そういえば父と別
れた当初・当時の母もそんな感じでした。
父の気配を身の回りからすべて消し去りたい!…そんな
勢いの。

父の遺したもの・こと・言葉から、まじめにきっちり生
きようとしていた姿勢を感じます。
しかし不実なこともしてしまったのは健康な成人男子故
であったのか。

そこへ誠実に歩もうとしていたのであろうに、身から出
たさびな部分を否定できないとはいえそれを理解したり
汲み取ったりおよそできないパートナーばかり選んでし
まった父。
それがカルマといわれるようなもののびとつなのでしょ
うか。



そしてサービス施設で会った母。
九月の上旬に訪ねたとき、そのときは笑顔を作れるほど
の覇気もなかったのですが、今度は打って変わって満面
の笑みを浮かべて歓待の表現。
(^^

もしかしたら父の遺骨を今のお墓に安置しておくのが難
しくなるかもしれない、そのときこちらへ・moya家の
お墓へ移して・安置しても良いですか?
(((^^ddd



気分屋な母なのでたまたまであったのかもしれませんが、
この期に及んですべてを受け入れる覚悟を持ててきたの
かもしれません。
Mさんも、老衰が感じられるようになったころ…父への
無念が愛に変わるのかもしれませんね。


欲深く求めるからこそ喜びも産まれる、必要なモチベー
ションなのでしょうけれど、それが苦しみを産みだして
もいる。
幾世代も続いてきて今なお人は煩いから抜け出せずにい
ます。




この兄弟・この家族をありがたく思います。

同時に人間臭さ・人としての囚われを感じることが多く
切なく思ったりもします。

しかしいかにも人間的な在り方は今この人間社会にふさ
わしく好ましく、それなりの地位と立場を手に入れてい
る姿を頼もしく嬉しく思ったりします。




形見としてそれぞれが頂いたものたち。

それには及ばなかった品々をヤフオクに出品中。

ヤフオク!「moya2240さんの出品リスト
2018/10/13夜半終了予定。






そうしてお休みを終え、迎えた日常、10月1日の勤務
日。

台風一過の好天に恵まれたものの、その爪痕・傷跡がそ
こかしこにあり鉄道各線が運転見合わせ中。

鉄道が止まる懸念はあったものの必要な所用を無事に終
えることができたのは9月30日の昼過ぎ、その時すで
に鉄道各線は運転見合わせに入ってしまって。

お天気が回復し鉄道の運転も再開するかな…と期待して
迎えた翌朝、各線ストップ。
自宅から勤務地への移動が叶わなくなってしまいました。

さすがというべきか、運転再開が早かった新幹線。飛び
乗って主要駅間の移動はできたものの、しかしそこまで。
勤務地の駅までは在来線に乗らないとたどり着けず、主
要駅のホームで在来線運転開始待ちの足止め。

…運転再開したのは午後の2時半。出勤・出社したのは
午後の3時半。

えらい遅刻・大遅刻です。www




数々の思い煩いに生きている実感を得、ありがたく嬉し
く思うmoyaなのでした。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 16:27| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする