お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年08月31日

「人騒がせと帰ってこない」と「母とろうけん=介護老人保健施設」と「ごみ屋敷で出迎えてくれるそれ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母がサービス施設で生活を送るようになりました。
おそらくもう帰ってくることはないのでしょう。


週三回・それぞれ違う施設三か所へデイサービスに行っ
ていた母。その三か所も母の要望=わがままによりころ
ころ変わっていたさなか…。
デイサービス施設の職員へ意識障害や頭痛を訴えてきて、
言っていることが意味不明なことが多かったりして…す
わ(脳内)再出血か…と、救急緊急対応してくださった
顛末・医師所見は熱中症。つまり暑気あたり。
人騒がせな母なのです。

人騒がせな母であると理解できている家族やケアマネさ
んならともかく、通い始めてまだほんの数回目なデイサ
ービス施設の職員にそんな対応を期待しても無理という
ものでしょう。



医師所見は暑気あたりでも、医療関係者として…家族の
いない家に高齢者的衰弱が著しい最近の母をそのまま帰
すわけにはいかない…と入院措置になり。
基本健康なのでいつまでも入院させてもらえるわけもな
く、デイサービス施設への短期滞在=ショートステイに
なり。

独り暮らしに寂しさを感じていた母にとってそれらは渡
りに船。おまけに身の回りの世話もすべてやってくれま
す。
その間数日なことであっても母の老人化には拍車がかか
り、それは誰もが介護老人保健施設への入所を考える状
態・段階に。

しかし入りたいと言えばいつでもどこでもすぐに入れる
ものでもなく、急いで長期入所な施設=老健=介護老人
保健施設を選定し入所申込しなればなりません。



ケアマネさんがピックアップしてくださった老健は二か
所、「サンライズ大浜」と「プルメリア」。

サンライズ大浜の提携歯科医院には母現役時代から通っ
ていた歯科医院の名前があり、これは現地を見るまでも
なく決まりかな…なんて思いつつそれぞれの見学に行っ
てみれば。
サンライズ大浜は年月を感じさせる施設に加えどこか傲
慢さを感じる職員対応であったのに対し、プルメリアは
ほのかに新築の香りが残るほど新しさを感じる施設に加
え親切丁寧を感じる職員対応。
これは逆転、プルメリアに申し込んでみましょう☆

入所判定には申込から早くても数週間の時間が必要なよ
うす。

サービス施設で健やかさを取り戻し自宅へ戻る人もいる
とのことですが、それは現実的に考えにくいことなので
しょう。

母がサービス施設で生活を送るようになりました。
おそらくもう帰ってくることはないのでしょう。



日常不在になったmoya家。
母の手による半ばごみ屋敷なそこ。
ほぼ二週間おきにmoyaが帰るたび、いつもゴキブリが
出迎えてくれます;
無人のごみ屋敷は彼らにとってまさに天国なのでしょう。
その整理も残されたものの役目になるのでしょうね。

でももし母が帰ってこれたとしたら、勝手に整理されて
いることを不愉快に思い、それがまたあからさまな母。
まぁぼちぼちやっていきましょうか。^^;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:27| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

片付けレスキュー119番

「片付けレスキュー119番」をご紹介します。
変に思い入れがないからテキパキやってくれます☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「不用品処分・遺品整理・ゴミ屋敷整理・事故物件
  整理…」など、お片付けはお任せください!
  【片づけレスキュー119番富山版

・忙しくて部屋を片付ける暇がない方
・片づけられない症候群の方
・引越しの準備中に要らない物が出てきて困っている方
・実家の親が高齢で、部屋を片付けられない方
・高齢で片づける意欲が沸かない方
・荷物が重くて、自分ではどうしようもない方
・事故物件の片付け、形見分けって誰に頼めばいいかわからない方
・親が他界して、そろそろ遺品を整理しようと考えている方
・親の遺品を整理したいけど、遠方なのでどうしたらいいかわからない方
・空き家にしている家の中のゴミを整理したい方
・「断捨離」したい方

ゴミ屋敷の行政代執行!なんてフレーズをニュース等で
耳にする事も多くなってきた近年。実際に「片付けられ
ない症候群」や「ADHD症候群」(注意欠陥多動性障害)
といった病名が注目され始めています。

また、空き家問題や少子高齢化、核家族化による孤独死
なども深刻な社会問題になっています。このような問題
に必ずと言っていいほど関連するのがゴミ片付けの問題
です。

ごみ屋敷ではなくとも、運気が上がると言われる「断捨
離」なども流行です!
エイキの片付けレスキュー119番がお手伝いします!
不要なごみを今すぐ処分したほうが良いみっつの理由とは?
   ▼もっとくわしくはコチラ!▼
片づけレスキュー119番富山版
posted by moya at 17:47| 静岡 ☀| Comment(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

「欲望と怖さと釣りと小賢しさ」と「共産主義・社会主義と社会実験」と「人間と知らないと輝き」と「カンボジアと独裁と相撲協会」と「歴史と奇跡と皇室と人の資質」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

街行く人々、皆がそれぞれになにかを追い求めています。


幸せを知りたい・感じたい・楽しみたいが故に不幸を(も)作
り出す私たち。

酔狂なものです。

どこまで欲深いのかと、底知れぬ怖さを感じたりします。




みなで分け合えば…とか言って、共産主義・社会主義を唱
えたいはずもない。


…きっとその共産主義・社会主義・思想はいいものなので
しょう。

だけれど。


その社会実験がなされた当時、そこに在る人間がまだ至
らぬものであった、ような気がしますが。



理論が先行してしまった?

理想論に過ぎなかった?

時期尚早だった?



夢の実現に向けまい進したそれは知らぬものが持つ強さ
でしょうか。




「知らない」その時、無限の可能性がそこにはあります。輝
かしいことです。

惜しいのはそんな輝く瞬間にいる自分に気が付かないこと。


さらに、そんな自分を卑下・否定までしたりします。





といってその後、社会実験当時の人間の課題を現代の人
間は解決・解消・克服・クリアできているかと思えばそ
れは怪しいもので。


社会主義だの民主主義だの共産主義だの資本主義だの…
それはいずれも手段に過ぎないのです。




人はみな欲望を持ち、それを追い求めて生きている。

みなひとり残らず、何かの形で人を釣ろうとしている。
小賢しいのです。





そうして考えている私とご縁があった人、その人が持つ
欲望。

今その出会いに意味があるのかと思えばさにあらず。

表面的な欲望ばかりじゃないか!



表面的な手段に過ぎない“それ”のために、どこまで人
間は欲深くなれるのでしょう。


達観しているようにも感じた女性という存在でしたが
それは狡猾なだけ。

欲深さに性別・男女による違いを見いだすことはできま
せんでした。






社会体制で、独裁という言葉に拒絶反応的なアレルギー
反応を示すかたがいらっしゃいます。
またそれを見越して修飾的に独裁という言葉が使われて
いる気配を感じたりもします。


Change.org
キャンペーン ・ 外務省: 日本国民の税金を、カンボジアの独裁的な選挙の支援に使わないで!

間違えたくないのは、独裁とて手段に過ぎず、良いもの
でも悪いものでもないということ。
そこに在る人間の、その資質の問題であるということ。




伝統文化・行事を伝える団体なのだから保守的なのは無
理もない?

プレジデントオンライン
相撲協会は伝統に「あぐら」をかいている]

NEWSポストセブン
「伝統を守る」の相撲協会、都合よく伝統を変えてきた歴史


いえ、決して無理なはずがない。
わが国には皇室という素晴らしいお手本があるのだし。

そこにある人間の、その資質の問題であるということ。

なにしろ、人は見たいものしか見ていないのだし。




歴史・伝統云々言ったところで、それを伝える時の人次
第でそれはいかようにも姿・形を変えるもの。


…そうして考えると…連綿と続いている皇室に奇跡のよ
うなものを思ったりもします



結局?

主義・社会制度の問題ではない!


人の資質を軽んずることなかれ。

そんな気がしています。


moyaの日記
政治体制と社会体制と人間の資質と両性識有]





感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 18:09| 静岡 ☀| Comment(0) | 社会・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

NAME IN POEM ネームインポエム

「NAME IN POEM ネームインポエム」をご紹介します。
物や言葉は演出する道具。祝福する気持ちとそこに沸き
起こる喜びが宝物なのです☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     〜祝福する気持ちを言葉にのせて〜
 名前詩の贈り物【NAME IN POEM ネームインポエム

ネームインポエムとは、贈るそのかたのお名前を織り込
んでお作りするポエムギフト。 両親贈呈ギフト、ウェルカ
ムボード、出産祝い、誕生日や記念日など、日常のあら
ゆるシーンでご活用いただけます。


     全てプロの作家が手書きで作成!
ありきたりではない、心の込もった世界にひとつの贈り物
としてサプライズにもぴったり!


   記念日などのサプライズを考えている方!
WILL BEのネームインポエムへぜひご相談ください☆
      ▼もっとくわしくはコチラ!▼

ネームインポエム
一般的なギフトと違い、年齢や性別にとらわれず贈る
ことができるギフト。
ギフト選びに悩まれている方にもおすすめです☆
posted by moya at 14:37| 静岡 ☀| Comment(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

「出稼ぎ生活と異邦人と日常風景」と「洗礼と忘れ物」と「JRとバスと差異」と「派遣元企業と不遜とハードル」と「父と母と振り回され感と先送り」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年春にはじまった出稼ぎ生活
出稼ぎ先と自宅という二カ所の地元を行き来する日常。



moyaの日記
「複数の生活拠点」と「新鮮さとお客さま」と「浦島太郎」





異邦人な感覚はすっかり薄くなり…そのどちらもが日常
風景に。


夜半の移動になることもあり。ある時マック・マクドナ
ルドへ十数年ぶりに立ち寄ったところ、店員が日本人で
はない人ばかりでちょっとびっくり☆





五月には…お約束の洗礼なのでしょうか、社員証を自宅
に置き忘れてきたまま出勤日を迎えてしまったことも;

moyaの日記
忘れ物ともぐらたたき





行き来に使う交通手段は、今年一月までの出稼ぎ先へは
高速バス。現在の出稼ぎ先へはJR。

それは単に生活拠点とバス営業所や駅との位置関係から
選択されたもの。他意はありません。


他意はありませんでしたが、他意がなかったからこそそ
の差異が気になります。



バスの席配置はふたりがけ席が縦に並び、皆が進行方向
に向いています。よほど混雑していなければ横にも前に
も人・他人はありません。半個室な感覚です。

JRの席配置は、電車内壁面壁一列なベンチシートか、四
人掛けのボックス席のいずれか。いずれにしても対面に
は席があり客が人がいて、横並びにも席が客が人が他人
がいます。衆前な感覚です。






派遣元企業の都合に振り回され、この一年半の間に複数
の企業へ従事。
こちらの・私の希望を、聞いてくれているようでその実
は聞き流されているような。就業条件など未だ不本意な
状況にあります。


設備保全士への受験を勧められていますが、受けるつも
りでいますが、受かっても落ちても派遣元企業の手の内。

…であればまだしも?

「前向きに頑張るあなたを応援します!」なんてお題目
の派遣元企業。人を試すかのような不遜を感じる、人の
頑張りをくじくかのようなハードルをよこしてくれてい
るのもその人かと思うとやるせなく感じてしまうのです。




その要望に応えてお金を貸してそれが焦げ付いて、人の
頑張りをくじくようなことをしてくれているKTさん・NK
さん・YAさん・KWさん、それにもめげずに負けずに前
向きに頑張ろうとしているのに、そこへさらにハードル
を突き付けるあなたは何なの?…って聞いてみたくもな
ります。

…そうだね。今度聞いてみよう。





2011年に父を亡くし…

moyaの日記
父の…1


…ましたが、未だその手続きが完了できていません。

再婚していた父なのでそれをとやかく言う立場にないと
はいえ、そうして面倒を先送りにする姿勢というのが母
に重なったりするのです。




…父はそういう女性に魅力を強く感じる人であったのか?…
というより、おそらくそれが普通であるのでしょう。

面倒で不愉快・不快なことは可能な限り先送りにする。

そうした意識は思うより世間一般に普遍であるようです。





母の言っている言葉が意味不明?意識障害?
すわ再(脳内)出血か…と救急搬送の一報頂いてみれば、
「熱中症の疑いあり」な医師の所見。

天然な意味不明、意識障害な人は周囲を戸惑わせます。


母の健康状態に右往左往し…。





公私に振り回され感のある日常です。


そんな毎日も健やかさ。ありがたいこと。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 21:37| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする