お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2013年09月30日

明日が来ると思ってる甘え。

今日、入院している母のもとへお見舞いに行ったとき、母にぶちきられました。
「なんでいつもそういうの!!」
持っていた鋏を窓枠に投げつける母。



そんな逆鱗に触れるようなことを言ったつもりはありません。「さっき言ったTシャツ」と言われたので、(そのちょっと前に「マリンブルーのTシャツを持ってきて」と言われたのでそのことを指しているのですねと思って)確認の意味で「さっき言ったTシャツ」と繰り返したところで冒頭の言葉に繋がります。

「ここは個室じゃなくて、他の方もいらっしゃるのですから」
そういなすも、母の耳には届いていない様子。



これが今生のお別れになる可能性もあるのですよ?
母の方が鬼籍に近いところにいるとは思います、ですが明日死ぬかもしれない可能性は私にもあります。

人間どうしの関係がそんなものだとは思いたくありませんが、それはそれでありなのでしょう。
この方が特別なのですか?それともそれは普遍的なものですか?



哀しみに包まれた帰り道、いつもの電気屋さんでは出入りのメーカーさんにご紹介いただけたり、お花屋さんでは「本買いましたよ!」ってサインをお願いされたり。
…バランスは整ってきましたが…まだまだ書き馴れることができずに、線を曲げるべきところをまっすぐ書いてしまったり、明らかなミスサインしちゃいました;



先日お亡くなりになった宇多田ひかるさんのお母様藤圭子さん。
その背後にあった穏やかならざる関係を聞くたび思います。
その子供としての宇多田ひかるさんも色々御苦労されてきたことでしょうが、表向きには「素晴らしい母でした」と、嘆くような言葉は決して発しない。
その実はどうあれ、親を悪く言う子供に世間の風当たりは強いのですよね。



今が今生最後の瞬間だと思うから、思い残すことなく悔いなく居たいものです。

感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 20:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

本を買って頂いていること

26日、マリアサンクさんが一冊買ってくださいました♪


そこは以前、製菓材商社の営業をしていた頃にお取引いただいていたお店。

出されているケーキも紅茶も間違いなくレベルアップしていますね♪


数年ぶりに伺ってみたらmoyaをすぐにわかってくださって、本を出版しましたって話したら…。

「本を読むの好きなんです!話してくださってありがとうございます」って言って、買ってくださいました♪

楽しんでくれるといいな(⌒⌒


私にない視点だとはよく言って頂いているのですが…。

それが普遍的なものだったのならそれはそれでうれしいのだけれど、そこまで汲み取ってくれたのは編集に携わってくださったTさんだけ?それともそれもTさんのリップサービスだったとか??



moyaから直接買ってくださることは嬉しいこと。
だけれど市中の本屋さんで発注して買ってくださったほうが、その本屋さんでの販売実績になるし・流通していることを印象付けることもできるし・店頭に並べるきっかけになるかもしれないし…、そこからの波及効果は計り知れないからそれも本当に嬉しい。

だけど注文しても入荷するまで1〜2週間も待っていただくことになっちゃうし、それじゃ申し訳ないから手元にある本を買って頂こうよ…って思っちゃうのだけど。



買ってくださることが本当にうれしい反面、手前の事情で思い煩うmoyaなのでした。
(⌒▽⌒;

感謝します、ありがとうございます。

posted by moya at 20:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

親子の肖像

別室でテレビに興じていた母、moyaが車イスを押して病室にもどります。

ベッドに移りますか?

「うん、移る」
ベッド横に車いすを停めます。
持ってきた紙おむつや周辺整理などしたいのだけど、車いすがあるとままならないのでとりあえず後回しですね…。


車いすに乗ったままの母が(ベッドの反対側においてあった)手帳を指して「メモとカードがはさんであるんだけど」。


…「だけど?だけどなんですか?手帳を取れってことですか?」
身体を伸ばして手帳を取って母に手渡すmoya。


「これ見て」と、メモとカードを渡されました。
読めばY信金のからの書類を送ってください旨のメモとS信金のキャッシュカード。


「これをどうしろと?」。
「言ってあるから!」。
「担当者に話してあるってことですか?行く必要があるのかどうか確認したいのですが…。そうだとしても間違いを防ぐためにももう一度言って頂きたいのですが」。
「あ"〜!」。


(ベッドの反対側においてあった)バッグを指して、語気を強め「バッグを取ってください!」。
「普通に言って頂ければ十分通じると思うのですが?」…身体を伸ばしてバッグを取って母に手渡すmoya。
「これは昨日脱いだ靴下」…と丸まった靴下をポイとベッド上に投げました。


「洗濯ものですか?」
「あ”〜!」


「ベッドに移るのではなかったのですか?車イスのままですと私の居場所がないし何もできないのですが…」
「あ"〜!!」


キレた表現として、バックを投げつけるように床へ落とす母。
「なんでこんな風に育てちゃったのかなぁ!私が悪いんだよね!!」
「いえいえ、私の頭が悪いばかりに申し訳ありません」
「あ" 〜!!!」



カーテンで仕切られただけの四人病室だというのに、母は関知しないかのようです。
会話がみんな聞こえてますよね?…お騒がせ申し訳なく;

自身を否定し我が子も否定する母。
でもmoyaと一緒に誰かが見舞いに来くれば、ものすごく素直で素敵な母に早変わり。

moyaが病院側との窓口になっている以上、どのような状況であれmoyaが病院に通わなくてはなりません。
なんだか…反抗期でぐずる子供を見ているようです。

子供を産んだ覚えがないのはもちろん、親になった覚えもコウノトリから子を授かった覚えもないというのに。
親の、保護者の疑似体験をさせてくれているのですよね?
…あ、下の世話は病院任せだから、まだ甘いとかの声が上がるかな?

子供は未来に託すことができるけれど、この場合は…。


感謝します、ありがとうございます。




ラベル:親子 肖像
posted by moya at 22:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

在庫772部

blogram投票ボタン

1000部印刷して、228部がどこかへ旅立ったということ。

まず著者に50部と、出版社の納本・贈呈・批評・宣伝・業務用に50部、合わせて100部は販売部数から除外。
全国の提携書店100店舗に1冊づつ配本して頂いて。
moyaの住む家の前にある本屋さんで少なくとも3部、マチナカの本屋さんで少なくとも1部売れているはず。
…残りは24部


提携書店100店舗のうちのどこかの本屋さんで売れた分の補充発注をかけて下さったのか、それ以外の本屋さんで取り寄せ注文してくださる方がいらっしゃったのか、はたまた…。
もっとも提携書店の棚に並んだままの本だってあるかもしれないし、実売はわからないけれど。


哲学的なテーマを取り扱った本は細く長く売れていくって何かで見たよ。
だけど本の見た目や文章の2/3は女装に関したことだから、長く売れていくってものではない…かな。


発売してもうじき一か月、静かな船出です。

感謝します、ありがとうございます。



posted by moya at 23:40| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関係性の中で

blogram投票ボタン

人と人との関係性・繋がりの中で生きている私たち、そこへ生きがいを見出し存在を見出し意思に気が付きます。

だからこそそれを蔑(ないがし)ろにして良いわけはありませんが、そこに囚われ過ぎるのも息苦しいものです。



最近、一部の関係に息苦しさを感じています。

違和感と表現していいのかもしれません。

自立した人間どうし敬意を持った関係を持ちたいのですが、依存のような意思を感じることがあります。



皆懸命に生きようとしています、そこに順位などあるはずがありません。

しかし依存する意思を感じた時、moyaを否定しているような違和感を持ちます。



なんであれ、それは幸せなこと。

私は今ここにいます。


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 21:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

幸福度

Yahooトピックより…
幸福大国デンマーク。
あるときデンマーク人の友人に話しかけました。「デンマークは世界一幸福の国で有名だけど……」と言うと、「デンマーク人は世界一幸せではないと思う。野心的でないから、失望することもないだけだよ。満足しているという言葉の方が合うかもしれない」と彼は言いました。


ある面では日本のほうが豊かかもしれない。
だけど「もっと!もっと!!」と求め続けるその様には幸福感を見出せません。

成長はするべきもので、つねに順位を気にして一喜一憂する。
それも幸せな在り方だけれど、その幸せは直訳されない、考えないと幸せだと理解できない。



考えていて気が付きました。
皆の幸福を目指した社会主義。
皆の豊かさを目指した資本主義。

そのどちらにしても、足ることを知らなければ無間地獄。

青い鳥はいつでもそこにいてくれるんですね。
(⌒▽⌒

感謝します、ありがとうございます。





インターネットショップ ナンバーワンの安さに挑戦!

激安!家電通販のタンタンショップです。
posted by moya at 19:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

自分探し?

母のお見舞いに、今日は兄と行ってきました。

駅改札で待ち合わせ、黒のマキシワンピを着たmoyaを一瞥しただけで…なんか距離を置いてる?

病院まで歩いて10分くらい。

道すがら何気ない会話をしていきます、その中で「いい歳をして自分探しみたいな真似はいいかげんにしたら?」なんて言われました。



年齢は関係なく、自分探しを煽るような風潮に違和感を感じたりしていたけれど、そんなmoya自身が自分探しをしているように映っていたとは…盲点でした;

自分探しのつもりじゃないとしたら、なんて表現したらいいのかな?

趣味?…というより、それがもう普段着になっているしねー。



広義でライフワーク?…とすると、兄が吹奏楽にこだわり続けるのも自分探しのひとつになるのかな?

一般的によく聞く趣味っていうと山登りやガーデニングやマリンスポーツや囲碁・将棋や手芸やコレクションや…広げていくと、自分の意志で為すことはすべて自分探しになっちゃう?!

だとするなら仕事だってそうだし(従業員としての自分・経営者としての自分・職人や技術者としての自分…)結婚だってそうだし(夫としての自分・妻としての自分・二つの家系にまたがる家族としての自分)子育てだってそう(親としての自分)だよね、自分探しの一環。



目の前にある世界を懸命に生きている時、その関係性の中で自分という自覚は自然と産まれてくるものじゃない?

そっか、だからあえて探す必要はないんだね。

ライフワークとして、自然にあるがままに…。

「探してないよ、表現しているだけ。」…なんてはきれいすぎ?ww


感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 23:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

どっちでSHOW

blogram投票ボタン


歩いている時、自転車に乗ったおっちゃんが追い抜きざまに振り返り振り返り…次の瞬間に叫ばれました。

「おとこ?おんな?わかんね〜!ww」



わかんないって?
どっちかわからない外見をしてる自覚はあるからそれはそれでいいし、心の中では…(⌒0⌒)v…って感じだけど。
女に対してその物言いってすっごい失礼じゃない?
おっちゃ〜ん。。。(⌒⌒;


…っていうと、男に対してだったらいいのかな?
…女ほどじゃないけど、やっぱり男にだって失礼か。


あ、そうか。
だからみんなチラチラこっちを見るんだね。
叫ぶか叫ばないか、違いはそれだけってことね。


興味本位な視線にも慣れてきました、「何か?」って感じでww。
笑顔を浮かべることができたら完璧ですね、「ニコッ^^」って。ww


なんてミステリアス♪

感謝します、ありがとうございます。



posted by moya at 19:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

みなさんの笑顔と感じるもの

朝一で、母が取っていた分のヤクルトさんの集金です。
この機にお休みとお願いしておいたら、
「今なら無料キャンペーンもありますから、moyaさん是非一日一本のヤクルトを飲んでみてください!いいですよ!!」。
…素敵な笑顔で勧誘してくれます。
「また改めてお願いします♪」…なんて返したけれど。
頃合いみて、一定期間でもやってみる?
⌒⌒;


一時間に一本以下のバスに乗って、揺られること40分あまり。
リハビリテーション病院へ行って、入院の申し込み手続きをしてきました。
これから症状・往診歴・投薬状況…いろいろ踏まえて審査して、OKであればベッドの空き待ち。

そこはへたなホームよりも割高だけど、今の段階では仕方ないですね。
数か月後に退院の段取りになった時、その待遇と生活環境を改めて考えてみましょうか。


リハビリテーション病院は先日までやっていたお仕事の取引先、だから平日昼間の男moyaは見覚えがあるだろうけど女moyaじゃわからないはず…なんて思っていたのだけれど。
受付事務の女性に必要書類を提出しながら「今回母の事で伺いましたが…実はこちら初めてじゃないんです、以前納入担当させて頂いていたものです。」
「そうだと思いましたよ!目を見てわかりました^^」
「目で!@@;…ありがとうございます。ww お世話になるかもしれません、よろしくお願いいたします」
本の案内も抜かりなく、笑顔で受け取ってくださいました。
みんなで楽しく回し読みしてくれると嬉しいね♪


帰り道、目の前にあるバス停からバスに乗ろうと時刻表を見てみたら…次のバスは一時間以上待たないと来ない!
当時よく立ち寄ったスーパーへ久しぶりに寄ろうかと思っていたのだけど…そこまで歩いてみようか?一時間も歩けば結構いけるでしょ!
てくてく歩きだして10分くらいした頃、前から見覚えのある車が走ってきます、よく見てみればmoyaの仕事を引き継いでくれたKりんが当時と同じ車へ乗って走ってきます!
やっほー!!…って手を振ったら気が付いてくれました。^^

しかしまだまだ旅路は長い、てくてく歩いていきます。
二十分くらい歩いた頃、後ろからプップーってクラクションと聞き覚えのあるやかましい排気音…このやかましい車は…、Kりんがmoyaを拾ってくれました!
なんていい人♪
さすが早いね、一気に市街地付近へ運んでくれました。
件のスーパーはまた今度…^^;


病院へまわって、件の報告。
病院担当者は笑顔で要領よく聞いて下さいます。
母は笑顔…かと思えば突然ふてくされたり、つまらないことにこだわったり、なかなか要領を得ません。
(xx;

それでも皆さん元気そうでなにより。
笑顔に囲まれて、物語が進んでいることを感じます。


HISOKAさんが下さった言葉の一部が蘇ります…「人とそこにある関係を選ばなくてはならないこともあります…」、すべてありがたいのだけれどすべてを受け入れられるわけがない。
そこに私が感じるもの…違和感であれ何であれ、その感覚を大切にしていきたいと改めて思うmoyaなのでした。

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 00:54| 静岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

献血と占い

献血に行ってきました。
今回は109/58-68

指定の日に予約をしていけば占いをしてくれるサービスがあって、興味はあったんだけど折りが合わないまま月日は過ぎ。
今だったら折り合いそうじゃん!…ってことで予約して、初めてみてもらってきました。


手相とタロットの選択肢があって、今回moyaは手相を選択。
先に献血をして、献血が終わって、ロビーでちょっと待っていたらお呼びがかかりました。案内されたお部屋に入って、女性の占い師?術者?と向い合せに座ります。
手相というからには…手を取ってそこから何かを読み取っていく…ものかと思ったら、姓名判断?四柱推命?名前と生年月日から宿命を導きだし読みとっていくのが事始めの一回目で、その先に何か選択に迷ったようなときにはタロットが・今を読み取ろうとするときには手相が有効な手段で、適宜使い分けていくものの様子。つまりタロットでも手相でも初めての人は一緒ってことね。^^;


この先二年くらいは比較的穏やかな運気が続いて、三年目四年目と運気が乱れ始めます。そして五年後の47歳のとき、天中殺ってターニングポイントが来ます。平穏な中庸なところにいればそのまま行けるかもしれませんが、波に乗っているとしたらそこですべてを失うことになったり、逆境に苛まれていたらそこから一気に上り調子になったりしそうです。そしてその波はそこから20年続きます。
魅力的な星を中心に持っている人で、その両側に勉強の星と伝える星を持っています。伝えるとは会話・活字・スピーチ…何かわかりませんが、何かしらのメッセージを伝えるのかもしれません。
タイミング的にも、伝える意味でも今本を出したことは正解です。そのメッセージなのかもしれないし…そうでなかったとしても、早くても遅くてもきっとうまくいかなかったでしょう。
生かされていることに感謝しつつ、我欲に走らずあるがままに生きていくことですごいことを為すかもしれません。


名前と生年月日から読み取って話し伝えてくれたこと、聞いていたら二十年くらい前に富士でリーディングしてもらったときのことを思い出しました。
あのときも名前と生年月日から読み取ってくれたんだったよね、あと産まれた時間も聞かれたかな…時間はわからなかったから答えられなかったけれど。…まぁ昔話はさておき。

んじゃ今度はいよいよ手相かタロットかみてもらえるのかな〜。
うん、とりあえず今の在り方って良さそうじゃん♪
わくわく…って、楽しんでいきましょー(⌒0⌒/

感謝します、ありがとうございます。
ラベル:献血 占い 手相
posted by moya at 00:13| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

弱る母

六回目?の脳疾患。
一回で逝ってしまう人が多いであろうなかでのそれは驚異的ですらあります。


病院のベッドの上の生活で、狭い世界であるそれは身体も脳も弱る一方になってしまうのでしょう。
モノを飲み込む力が弱く飲食物が気管に入ってしまう恐れがある…点滴栄養だけじゃなく食事というのも大事なリハビリですよね。
食事に限らず、今日から全身の動作についてリハビリが始まりました。

それでも空いている時間の方が圧倒的に長いはずなのに、手持無沙汰そうにしていることもありません。時の流れが違うのかもしれませんね。


滑舌が悪くなったことに加えて身体の自由がきかないようで、傍若無人さが影をひそめたことに衰弱を感じます。
病気によるもの?加齢によるもの?…たぶん両方ですね。
あ、加えて太ったこともありますね、入院期間中にダイエットできると良いのですが。
リハビリテーションでどこまで取り戻せるのでしょうか。


相続税対策の体勢がまだ整っていないからまだもうちょっと待っていてほしいんだけど。。。
(⌒⌒;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:14| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロセスを楽しみたい?

blogram投票ボタン

最近お誘いいただいている療育太鼓、そのお誘いに温度差を感じています。
療育太鼓にというよりは、Kさんにと言った方がしっくりくるでしょうか。


何ごとも機会があれば体験してみる身上のmoya。
太鼓を叩くという経験がなかったmoyaは、誘われるまま興味本位に練習へお邪魔してみました。
練習風景とその空気からすでにその一体感が心地よく、舞台はパワフルで素敵なものであることに間違いなく、観客参加した感想で「良かったよー!」とは自然に発した言葉。
その舞台に一緒に立つことができたらきっともっと楽しいよ!一緒にやろう!!…そうしてお誘いいただくことは当然の流れなのでしょう。


ひとつの事に向けてみんなで頑張っている、その過程が一番の醍醐味なんだね。
結果を意識できるような事柄は一つの区切りとして必要なのかもしれないけれど、客観的評価なんて必要ない、順位付けなんて必要ない、肝腎は自分の中で納得できたこと。

そこを仕切っていらっしゃる先生を慕った仲間でもあるようですが、どうやらmoyaは既に一定の満足を得てしまったよう。



そこから波及して、タップダンスにも潮時?…一つの区切りのようなものを感じています。
技術の向上?…それは素晴らしいことだけれど、それは際限がない自己満足な話し、蜃気楼を追うようなもの。

仲間?関係性?自分の存在位置が欲しいから?存在意義が欲しいから?…
そこにある人とのつながりに飢えてしまったとき、手段が目的になり、そもそもの目的地を見失ってしまいそう。


そのご縁はありがたいことに間違いないけれど、こだわりしがみつくものではないような気がします。
一期一会に感謝しつつそれを抱きしめ、しがみつくことなくそこから自分と対象を感謝と共に開放する。
…かく在ろうとしているのか…

根が風来坊なのかもしれません。⌒⌒;


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 22:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

本お買い上げ〜♪

blogram投票ボタン

一緒にツーリングへ行ったりしたMさん夫妻、そのバイクショップに「本を出しました。読んでみてください、面白かったら買ってくださ〜い」って言いながら一冊置いてきたのが先月下旬。

もう読み終わっているかなー…と思って12日に伺ってみたら、奥様であるAさんは熱心に読んでくれたようだけどMさんは読んでない気配。(苦笑
で本は今どこに?…聞いてみたら、同じく一緒にツーリング行ったことのあるOさんがたまたまお店に来て、話をしたら「読んでみたい!」って持ってっちゃった…だから買わせてもらうよ!

一冊お買い上げ〜♪

当時、Mさんと同型色違いのNINJA900に乗っていたOさん。
moyaのこと覚えていてくださったのですね!
やー、懐かしいね〜…なんて、当時のアルバムを引っ張り出して眺めてみたりして。
(⌒⌒


…Aさんは熱心に読んでくれるくらい面白さを見出してくれたってことなのかな?
Mさんは本を読む習慣がないってことかな?
Oさんはどうだったのかな?…

発売されて半月経ちました、「面白かったよ!」そう言ってくださる方は結構いらっしゃるのですが…。
いえいえ、「まだ」半月ですよね?


タップ絡みでSさんが一冊買ってくださいました♪
楽しんでいただけると嬉しいな〜(⌒▽⌒

わくわくしながら待ってみようね♪
感謝します、ありがとうございます。



posted by moya at 23:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

母の再々再々…出血と八百屋さんのお姉さんとKさん

blogram投票ボタン

昨日、12日。
母がデイサービスから帰ってくるなり、なんか様子が違います。
「お昼頃から「ろれつが回らない」って。今日これからか明日の朝に、病院へ行って診てもらって頂けますか」

あら、再々々…また出血?
なんだかもう驚かないですね。ww


そして今日、13日。
朝一でかかりつけの脳神経外科開業医さんへ行って、CT撮影して診てもらったところ「それらしき影は映っているのですがはっきりわかりません、恐らく軽微に出血していることは間違いないと思いますが、紹介状を書きますので総合病院へ行って診てもらって頂けますか」。

市立病院へ救急搬送。
即入院。
着替えとタオルは病院で用意してくれるレンタルセットをお願いして、ウチにある処方薬と洗面用具などの日用品を取りに戻って、新聞配達を止めてもらおうとKさんへ電話したらなんかすごく心配してくれている気配。いえ、心配には及ばないんですが…、それでもまぁありがたいことに違いはないですね。
紙おむつや洗剤を買いだしに寄った薬局でいつもの八百屋さんのお姉さんとばったり!聞いたら…お嫁に入ったんじゃなくってただのバイト?従業員?なんだって!へぇ〜!そして成人した子供がいるシングルマザーなんだって!へぇ〜へぇ〜!!
それじゃもう酸いも甘いも噛みしめて?…それでこそ人としての深みが出るってものだよね♪
なんて感心して、病院へ戻ります。

一週間後と言われた順番待ちを飛ばして救急対応でMRI撮影してくれたそうで、そしたらやっぱりその所見で間違いない様子。
「軽微な出血が認められます」。
県立病院には何度も入院経験がある母ですが、市立病院はmoyaが知る限り初めてのはず。
きっと微妙に要領は違うのでしょうが、患者であれば厚待遇に間違いないでしょう。
ちょっと肩の荷が下りました。



関係各員へ連絡、Kさんにも連絡したら「迎えに行くよ!」。
断る理由もないので、ちょっと待ってて来たKさんの助手席に乗せてもらったら「どうしたの?なにがあったの?」。
「そんな変なことをしていたわけじゃなくて、ふと出血しちゃった…そんな感じ。だから別に心配ないよ〜」。
「軽く言ってくれるけど心配したんだよ!お母さんが入院している時にmoyaが交通事故で入院しちゃったのを思い出して、また?!…なんて心配したんだから!!」

んー、心配してくれるのはもちろんありがたいのですけど、それを押し付けられてもねぇ…。
それでも
「ありがとー♪」
って返したら
「日曜日の太鼓の舞台に向けての練習が今日もあるよ!…でも今日はそれどころじゃないか。日曜日来るよね?夕方からだからバーベキューの後で大丈夫だよ!!」

んー、いや…だからそこにちょっと温度差が…(⌒⌒;


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 00:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

moyaを知っている人がきっと多すぎることと太鼓の要領

先日、9日。所用でマチナカを歩いている時に、「moyaさん?」唐突に話しかけられました。

お話ししてみたら…タップダンス関係の方で、先日の発表会の時にご一緒した…?
そういえば…、そういわれてみればお会いしたことがある…ような…;



昨日は太鼓パフォーマンスのみんなで夕食(下ごしらえから調理のお手伝いから会食まで)と、練習に参加させてもらってきました。
「こないだmoyaさんマチナカで見たよ!ヒール履いてモデル歩きして、その辺だけ雰囲気違ってた。ww」…油断も隙もありゃしない(⌒⌒;

今度の日曜日に本番舞台が二回あるそうで、そこへ向けての気合いが入った練習です。
基礎練の簡単なものなら素人でも合わせられるのだけれど、さすが本番舞台に向けたものになるとリズムが速くて動きが大きくてとてもついていけません、ベースラインなようなものを意識してついていくのがやっと;
「日曜日来るさ!」誘って頂きました。だけど日曜日にはもう別件が入っちゃっていたのでそう話したら、とても残念そうにしてくれました。
「何とかならない?!?!」…残念そうにしてくれるのはありがたいのだけれど、そこまでこだわられちゃうと困っちゃうし、引き気味な気持ちがもっと引いちゃいます;
熱心に誘って頂けるのは嬉しいのですけど、そこに少し温度差があるのを感じます。
舞台に立つ必要ない、みんなで練習しているところへ参加させてもらって、その空気を肌で感じられればそれで十分…なんだけれど、先生のお話しとそのお人柄に触れるのもたまに=年一回〜数回で十分な感じ…なんだけれど、その要領の方が太鼓を叩くよりも難しいかも…(ーー;

なんだかんだで、食材の買い出しから始まって練習終わって自宅に送ってもらうまで10時間余り!
ちょぉっと長いよ…;



そして今日は今日で、近所の薬局さんへ行ったらどこかの女性営業担当者が営業中。
お店の人が「あ、moyaさん!ちょっと待っててね♪」言ってくれたのを合図にするように、営業さんがmoyaの方へ振り向いたら…「moyaさん?!」
見れば先日まで派遣社員していた派遣先会社の正社員さん。
「本を出したの社内みーんな知ってますよ!」
“静岡じゃ有名なのにね〜”って静岡ローカルなCMがあるのだけど、「静岡の一部じゃ有名なのにね〜」って感じ?
(⌒⌒;



その後でマチナカへ歩いて向かう時に、すれ違いざまにクルマのドライバーとふと目が合ったら元同僚のNさん!
「わ〜!」なんて言いたげに互いに笑顔で手を振りあう一瞬だけのコミュニケーション。



この一年ほど…新しい御縁が多すぎて、ありがたいことに違いないけれど、飽和状態です(xx;
アポも何も取ってないんだよ!?!?

行動範囲が狭い?…そんなこともないと思うんだけど、もっと広げたほうがいいのかな…、悪いこと出来やしない…(ーー;

感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 23:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

お寿司でランチ♪

5日木曜日、近所のお寿司屋さんでランチを頂いてきました。
画像はお店で頂いたものとは別に、折に詰めて頂いたランチセット。

2013-09-05.JPG

お話し好きな(?)店主ご夫妻と、先代なのか…おじいさんの3人で回していらっしゃる気配。

ひとりで行ったんだけど、回転寿司だったら注文して一人前が届いて食べ終わってお会計するまで、たぶん一言もしゃべらないんじゃないかな。
…食べることに集中できるからそれはそれで好きだけど。

そこは先客でいらっしゃった男性おひとりを交えて店内全体で会話を楽しもうって空気。
やっぱりそういうお店の方が行っていて楽しいし、また行こうって気になるよね。


会話を楽しもうって雰囲気で、店主が話しの流れから一見客であるmoyaへ最初に振られた話題は「つけまつげ」。
「最近の若い子はみんなつけまつげ付けてるよね〜、アイメイクなんかもばっちりですごいよね!」

…moyaの姿形から、きっとこういう話題なら話しを合わせやすい・喰いつきやすいんじゃないか…と思ったんでしょうね。
女ならつけま・メイクの話題なら当然合わせやすいはずだし、男なら水商売かそれに近いことをしている人なんだろうからきっと合わせやすいはず…きっとそんなことを思ったのでしょうね。

当たらずとも遠からず?(⌒⌒;



回転寿司もいいけれど、カウンターに座って目の前で握ってくれたお寿司をすぐに頂く…その空気・コミュニケーションは捨てがたいですね。
カウンターで好きに握ってもらうなんてことはできないけど、たまにはランチを頂きにまた寄りたいと思ったmoyaでした。

感謝します、ありがとうございます。



dデリバリー
posted by moya at 23:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

オーバーオールでボーイッシュ♪

久しぶりに着てみました、オーバーオール。

秋口の今頃、長袖Tシャツと組み合わせて頃合いでしょう♪

2013-09-10.JPG

うん、狙い通りにボーイッシュスタイル完成。
…ボーイッシュ?…果たしてこれってハタからどう見えるのかな??
普通に男?それとも女子?

とあるお店で見知らぬおっちゃんがmoyaとすれ違いざまに「すげぇな〜」だって。
それってどういう???…男だと思ったんならいちいち「すげぇな〜」なんて口に出して言うことはないよね、女子だと思ったからこそ「すげぇな〜」なんてわざわざ口に出すくらい驚いた…のかな。


帰り道にいつもの薬局で「今日の格好って男に見えます?女に見えます?」聞いてみました。
そしたら「男装女子に見える」って。
うん、それも面白いじゃん!

「オーバーオール着るのって女の人だけだよ〜」
「え?そうですか??…でも言われてみれば確かに、そんな感じしますね」
男の子くらいならともかく、男性にとってのオーバーオールって、着るものを自分で選ぶようになる年頃になったらワードローブから除外されちゃうのかな。


「男装女子に見える男子」
…つまりどっちやねん。www

感謝します、ありがとうございます。





秋の早割SALE開催!!(salus)
posted by moya at 21:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

ネクストリーダー「自分を不幸にしない13の習慣」

「なんとか自分を変えたい」
と思っても、いつもうまく行かない人へ
自分を不幸にしない13の習慣を教えます

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

ネクストリーダー「自分を不幸にしない13の習慣」
http://directlink.jp/tracking/af/121880/fGFLucGf/
posted by moya at 20:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

母と無料サンプル品

母が「こないだのお詫び、用意してそこに置いたから受け取って」



お詫びとは…

8月25日、母の通院へ同行した帰り道に薬局へ寄って処方箋から処方薬を作ってもらおうとしたのですが、たまたまその時に在庫のない軟膏が処方箋に含まれていたことで翌日の26日にお届けしてもらうことになり。そして26日に薬剤師さんがmoya自宅まで軟膏を届けて下さった折り「お待たせして申し訳ありません、これお詫びに貰ってください」って、持ってきていた(いかにも製薬会社提供の)メモ帳やらボールペンをmoyaに手渡しました。同時に母へは軟膏を手渡しました。
moyaは「ありがとうございます、またよろしくお願いいたします。^^」と素直に受け取りました。
一件落着とその場を離れようとしたmoyaの背中に母が話しかけてきました。
「なにもらったの?見せて!」
「…そうして何でもかんでも欲しがるのは子供っぽいと思いませんか?結構です、全部差し上げます」
moyaはそのメモ帳やらボールペンの包みをそのまままるごと母に渡しました。

その経緯を指していると思われるので、多少は思うところがあったのでしょうか…。



moya「お詫びも何もいりません、同じことを繰り返さないことが何よりの証になります」

母キレ気味に「ありがとうでもなんでもせっかく用意したもの素直に受け取ってはもらえない?!?!」

moya「なんでそうしてすぐにキレるのですか?ここでの被害者はどちらですか?」

母は完全にキレて「台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!…」これ見よがしに叫び続けます。



あまりに子供じみたその様子に閉口したmoyaはオウム返しを選択します。

「台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!台無し!…」

黙った母へ、頃合いを見て「もう気が済みましたか?」聞いてみます。

母は笑って「済んだすんだ。www」

笑ってはいましたがストレスも大きかったのでしょうか、それとも今日日中のボランティア疲れでしょうか、ふて寝に入る母。



そうして母が用意した袋をそのまま置いておくのもなんですね…と思って、手に取って中を見てみたら…そこに入っていたのは、無料サンプル品っぽいものばかり。

…たしかさっき「せっかく用意した」とか言っていましたよね…。
まぁ…これも、母にしてみたらせっかく用意したものなのでしょう。

起きだしてテレビを見ていた母に語りかけます。
「無料サンプル品ってあまりに人をバカにしていませんか?」

「いらなきゃ置いといて」

moyaはそこへ置き、無言で立ち去ります。



健やかでいてくれる限り…これでもか!これでもか!!…って。
人の・生きることのばかばかしさを見せつけてくれているかのようです。ww

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姉からの感想文

「何を買った・何をしたってルポ的な部分が多かったけ
れど、もっと「なんでそうしようと思ったか」なんて思
いの部分を聞かせてほしかったな〜」

…だってさ。



後半・終章の方でその辺に触れたつもりだったのだけど、
姉には少し物足りなかったみたい。

そんな経緯を間近に見てきている姉だから、なおさらそ
う思ったのかもしれないね。



ページ数を合わせる段階で文字数をダイエットしちゃっ
たことも関係あるのかな?

んー、もっとルポ部分を絞ってphilosophy=哲学方面
にページを割いた方がウケたのかな?



まー、それも一興これも一興。

もしまたそういう機会があれば…。


感謝します、ありがとうございます。

posted by moya at 22:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする