お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2013年07月20日

太鼓の練習

blogram投票ボタン

御縁あって、和太鼓のパフォーマンスグループの練習日に「おいで!」とお誘いいただき、ホイホイと参加してきました♪


皆さんが集まったところで「せーのっ!」っていきなり叩きはじめるのじゃなく、3〜40分ほど先生からのお話を伺います。

世界経済から哲学から…今の私たちの身の回りのことについて、噛み砕いた説明をしてくださいます。
そういう話題大好きなmoyaだけど、何か物足りなさを感じます。なんだろう…って考えてみると、それが顕在視点に偏っていることが不満なのかな???
視点も人脈も広く、人望が厚いその先生を慕って集まってきた仲間、そんな背景もあるようです。



じきにお話は終わり、いよいよ練習です!
太鼓の練習といっても太鼓を叩くのではなく、普通の丸椅子の上にクッション材を貼りつけたものを人数分用意して、それを撥で叩きます。
そりゃ太鼓の大きな音をいちいち出されちゃご近所迷惑もいいところだよね。ww

タン・タタタン・タタタン・タタタン…
一定のリズムを刻んでいきます。

何か感覚がぶれて?リズムが一瞬ずれてしまったり;
moyaにドラムパートは無理ですね。ww

左手の撥はいいのに、右手の撥だけだんだん先の方へ抜けてきてしまいます。
叩いている椅子がその振動で動いちゃったり。
…力加減にも微妙な慣れがありそうです。

祭り太鼓とか…竜神とか…いくつか定番のプログラムがあって、それを地道に練習していくのが基本活動のようです。
伝統芸能の良さでしょうか、次々と新曲・新譜に移り変わっていったりしないでじっくり取り組めること。
タップダンスなどではステージごとに新しい曲へ取り組んだりして、1ステージだけの運命になってしまうものもあります。
ましてヒットチャートを賑わす楽曲などは毎月・毎週・毎日違っていますから、芸能関係のお仕事をしていらっしゃる方々って本当に大変だよね…何気に思ったりしました。


太鼓もなかなか難しいものだね…なんて思いつつ練習を終えた後、「初めて参加してあれだけ叩ける人なんていないよ!すごいよ!一緒にやろうよ!!」なんて皆さんが話しかけてくださいました!
太鼓の達人で練習でもしようかな♪

メンバー増員のための社交辞令なお約束なご挨拶?…いえいえ、そんな斜に構えることはないですね、歓迎してくれるムードを素直に喜んじゃいましょう!(⌒▽⌒v

付き合い気分でどこまでやるのか知らないけれど(⌒▽⌒;


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 11:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルマを売りたいのなら、クルマの話はやめなさい!/高塚苑美:すばる舎

商品そのもの…カタログに載っているようなデータではなく、そこにある背景や実際にその商品が使われている風景のお話をすることで、お客様ご自身がそれを手にされていることを想像させやすい。

目の前にいる相手を好きになり、魅力を引き出す・引き出そうとする会話。
「売るつもりがないのかと思った」なんて言われたことで何かに気が付いた著者。友達ではないのだから、売ろうとする姿勢を見せることも大切。


ミラーリングや心理学的要素も織り交ぜつつ、わかりにくい説明をお客様の性別・年代に合わせた話題に置き換えてわかりやすくしたり(コーティングの説明を、40代男性であれば靴の手入れ・30代女性であればネイルのトップコートなど)。
その基本は信頼ある人間関係。
何気ないお話しや小さな約束を“寝かさない”。
わからないことには「わかりません」と答え、わかる人を探して話を繋げる
自分自身にわかりやすいポイントを作り、「イジラレやすさ」を演出する。




今回のそれは商品であるイタリア車と著者のイメージとキャラクターが合致したことで大きな成果に結びつくことができたのでしょう。
要は「魅力的な人間作り」、ここでのそれは「目の前にいる相手に共感する能力」に尽きそうです。
但し、相手が目の前にいるときだけではなく、お会いしていない時にもお会いする時のための布石を置きつつ。

一度お会いしてみたいものです⌒▽⌒


感謝します、ありがとうございます。

posted by moya at 08:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする