お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2013年07月04日

コバエトリとハエ取り紙

blogram投票ボタン

お部屋の中で。。。
ときどきどこからかコバエが飛んできます、先日は普通のハエが飛んでいました。


なんで?そういう虫がたかる・湧くようなものなんて何もないのに???
でもいるものはしょうがないので、近所の薬局でワナ式のコバエトリを買ってきて早速設置。


そのままシャワーを浴びに行って、帰ってきてお部屋に入ったら…臭い!
この臭いは…黒ずんだバナナがさらに醗酵し始めているような臭さ!!


でもそんなものなんてどこにもないし、この臭いの素はなに?
見回して…目に留まったのはコバエトリ!
おまえか!!
鼻を近づけて確認…うん、間違いない(T0T


早速コバエトリは移動、台所の隅へ。
そうこうしている間にコバエはほとんど見かけなくなったけれど、これもひとつの機会と、昔ながらのハエ取り紙を新たに設置!


ハエ取り紙ってグッドデザイン賞なみに優れた商品だよね!
殺虫成分をばらまかないから食品にも影響ないし、臭いをばらまかないから快適性も損なわないし♪


強いて言えば人間も時々捕まっちゃうってところかな。
moyaは後ろ髪を引かれました。。。
⌒▽⌒;


感謝します、ありがとうございます。






楽天で探す



楽天市場
posted by moya at 19:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見えないものは永遠に続く

通りすがりにあった教会の掲示板、そこに貼ってあった…おそらく次回説法のテーマになる言葉。


視覚に頼り過ぎないように…とか。
見るものは幻覚・比喩であって、本当に求められ在り続ける=永遠なるものはその向こう側にある…とか。
永遠に続くものにこそ価値があり、それは見ているものではない!…とか。
見ているものは=形あるものはいつか崩れ去る、そんな目にするものに臆してはいけない!…とか。
そんな戒め説法な感じかな。


それにしても永遠なんて概念自体が眉唾物じゃない?
時間の概念から派生したものなのでしょうけれど、永遠な存在ではないからこそ永遠に憧れたり永遠に価値を認めたりするのかな。

その前提は…「見えないものがある」って誰しもが思っているってこと、普遍な意識として「見えないものがある」っていうのを多くの人が感じているってことでもあるのかな。


見えている世界に生きる私たちは、永遠に続くものの反証であり、そこに求められた比喩である…とか。
教会説法でそんなこといっちゃうと(’’?(’’?(’’?(’’?(’’?(’’?…な人ばかりになりそうな気がする。
だからこそ、噛み砕いた取りつきやすい表現だったりするんだよね?ww


健やかそうで、良き哉良き哉。
⌒▽⌒

感謝します、ありがとうございます。
ラベル:永遠 教会 説教
posted by moya at 05:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする