お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2013年07月31日

ゴム手袋とハンドクリーム

blogram投票ボタン

手肌を大事にしたいと思い立って、20日にゴム手袋とハンドクリームを買ってきました。
台所の洗い物をするときはハンドクリームを塗った上からゴム手袋をして、そうしてやっている人がいるって知って、ちょっとマネしてみることにします。


それってつまり濡らすのが良くないから濡らさないようにしているってことなのかな?
だとするなら、顔を洗うのも良くないってこと?トイレに行っても手を洗わない方がいいってこと?
そんなはずないよね〜???
そう…きっと中性洗剤が良くないんだよね、手指の必要な油分も全部洗い流しちゃうってことなんだよね。


洗い物のたびにハンドクリーム塗ってゴム手袋して、洗い終わったら手袋をはずして洗った食器を拭きあげて。
面倒ではあるけれど、手をいたわっている意識がなんか嬉しかったりします。ww


出先で洗い物を頼まれちゃったりして、中性洗剤攻撃を完全に防ぐことはできなかったけれど、そうして数日経過しました。
ささくれ立つ・ささくれ立ちそうな気配がなかったり、それはたまたまなのかもしれないけれど、手肌が常にしっとりいい感じです♪


ゴム手袋とハンドクリーム、moyaが家事するときの必須アイテムに加わりました。
(⌒▽⌒)v

感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 20:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

本が完成!

blogram投票ボタン

ついに!
完成した本がmoyaの手元に届きました!!


さっそくご近所の顔見知りになった方々へ見せびらかしに持って行ったら、早速買ってくださる方がいらっしゃったり!!
やー、感慨深いものがありますね…。

これから流通経路に乗るということで、これから配布先書店の検討に入る段階で、発売は予定どうりの九月。



担当してくださった編集者さんが「退職しました」一報を送ってくれました。
編集しながら予定にされていたことなのでしょう、思えば…とても気持ちを込めてくれていたような気がします。

本の事を、編集者仲間でも評価が高かったと話してくださいました。
そんなことでmoyaをおだてるはずがない、もとより人をおだてるような人じゃない。
素の言葉・素の評価なのでしょう。
そういう評価には厳しい方たちが高く評価してくださった…、自信持っていいのかな?

本として完成した形で、自分で書いたものにあらためて目を走らせていきます…。
手前味噌でも言っちゃいます♪
これ絶対完成度高い!

完成して世に送り出す前段階の今、満足感・充実感山盛り!!
\(⌒0⌒)/


感謝します、ありがとうございます。





【GAMI (ギャミヌリィ) 】公式通販はViS Official Online Shop
posted by moya at 23:40| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の手入れ

シャンプーとトリートメントを切り替えたことが幸いしてか、今使っている6種類のトリートメントが効いてくれたのか、髪の色つやが最近とみに増してます。
毛先まで整ったキレイな内巻きに感動!
自分の髪を見ているだけで少し幸せ♪
(*⌒▽⌒*)


今のmoyaのショートヘアな長さでも、毎日のヘアケアはちょっと大変;
ロングヘアなんて言ったら…長い髪をきれいに保とうと思ったら、それは当然もっと大変になるよね…;


気配り・目配り・心配りが必要…そこへ割く時間と手間と意識は結構なものになります!
こりゃ世間一般男性には無理だ
シャンプーとトリートメントがせいぜいで、その先なんて考えることもないんだろうね。


ちょっと達成感。
(⌒▽⌒)v

感謝します、ありがとうございます。
ラベル: 手入れ
posted by moya at 16:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜○○○らしく

blogram投票ボタン

28日メンズ組練習日。
男道はほぼ完成。
あとはその完成度を煮詰めつつ、本番で頭が真っ白になっても身体が動いてくれるように覚え込むだけ…なんて思っていたら。



主宰先生に最終OKを頂こうと観て頂いたら、「みんな同じキャラじゃつまらない、それぞれに個性を心掛けて出していくように。例えばmoyaはおかまキャラで行こう!」

しっかりいい男になる気分でいたのに台無し(T▽T)



「エイショ!ヤイショ!」なんて掛け声上げながら全員男っぽく登場…の予定が、その隊列の中に一人だけ「あらやだこんなとこ恥ずかしい、あらやだ見ている人がいっぱいいるわ~;」なんて感じで雰囲気の違うキャラクターが一人混じってる。

…登場からそんな演出;



男っぽい時は男っぽく、女っぽい時は女っぽく。それなりに使い分けができていると思っていたのだけれど。
いきおい女っぽさが走り過ぎてかわいらしさが行き過ぎて、男らしさの中にそんな気配が現れてしまって、それを主宰先生は見逃さず「矯正するよりそれを生かしていこう」と思ったのかもしれません。

うん、確かにそんな演出の方がウケそうな気がします。

「男らしく」と「女らしく」に加えて「おかまらしく」って項目が増えることになりました。

演じ分けがなかなか微妙です。
(⌒⌒;


感謝します、ありがとうございます。





あかひげ薬局公式通販サイト
posted by moya at 15:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

タップダンスの練習と花火の夜

昨日27日、通し練習がありました。

いよいよ迫ってきたことを感じます、タップダンスの練習にも熱が入ります。
moyaが出る三曲のうち二曲を皆で練習、今度全員が揃う時は会場ですから、実質仕上げ練習です。

切迫した状況のはずなんですけど、なんだか知らないけど気持ちが焦ってきません。
冷静なのか、ボケているのか、ヌケているのか…(⌒▽⌒;




帰り道、我が家のある方向へ大勢の人が歩いていきます、浴衣姿の人も多いです。
27日土曜日は静岡市安倍川花火大会、お祭りの気配を感じながらの帰り道。
今までのそれはなんか遠い街の出来事でしたが、今はその只中にいることを改めて実感。

いつもの商店街のお店の先々で限定企画商品=臨時に作ったお持ち帰りメニューが並べられていたりします、その中からmoyaはいなりずしとわらび餅を、ついでに缶ビール(発泡酒)と缶カクテルを買いました。
人の流れに乗ってマンションに着いて、エレベーターで上がって家に入ってベランダに出てみれば、眼下に人の流れを見ることができます。


ベランダから観ることが出来そうだけれど…どっちの方向に上がるのかな…なんて待ってて、上がり始めたら見事に障害物がない方向!
やった!特等席♪
プログラムと照らし合わせながら、初めて一人静かに鑑賞することができました。
打ち上げ花火って、打ち上げられる花火の一つ一つに思いが込められているんだね。
故人に向けてのものがあれば、愛する人へ向けたものもあれば、その方の中で一つの記念碑だったり…。


この前の日本平では光ってから音が聞こえるまでおよそ二秒、今回の安倍川ではおよそ三秒。
ちょっおっと遠くなったかな;

それでも音が聞こえてから空を見上げても花火がまだそこにある!!
今までは光ってから音が聞こえるまで十秒近くかかっていたから、ドーンって音が聞こえてから観てもそこには何もない(T▽T
それを思えばすっごい近い!


視線を落とせば会場に向かう人の列がまだずらずらと繋がっています。
最近は年追うごとに浴衣姿の女性が増えているような気がするよ。
やっぱり浴衣姿の方がいらっしゃらないと風情がないですよね。
キレイに着こなしているかたの方が多いのでしょうけれど、それは明らかにおはしょり過ぎでしょ!裾が傾いてちぐはぐだし!その帯締めは低いでしょ!…もうちょっときれいに着てくれないかなぁ…なんて女性がいると思えば、ミニドレス風な浴衣を着た女性がいたり、それも風情でしょうか?
moyaは普通の浴衣を普通にキレイに着てほしいと思うのだけど。それって年ですか?(苦笑

男性の浴衣姿もチラホラ見かけました。うん、それでこそ「粋」ってものですよね♪
顔が幼いですが;(爆


エアコンの効いたお部屋の中から窓越しに花火を見ていた母、少し間を開けてこれからクライマックス!…という時にお部屋の明かりをつけカーテンを閉めてテレビの子となりました。
やはり風情を期待するのが無理ってものですね(⌒⌒;


日本平と安倍川と、今年の花火は特等席に恵まれています♪

感謝します、ありがとうございます。






楽天で探す



楽天市場
posted by moya at 21:56| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出歩く時、なんか他人が怖いです(xx;

要件があった木曜日=25日、出掛けなくちゃならないのだけど…服のローテーションを考えると、出番はこの前ナンパされた時の白シフォンマキシスカート;
毅然として前を向いて歩いていけば、話しかけられても相手にしなければ大丈夫だよ!うん!!
…なんて自分で励ましてマキシスカートを選択。


お願いだから話しかけてきたりしないで!!
…なんて願いつつ歩いているのだけれど、通り過ぎざまにこっちを見ていく男性が最近絶対本当に多い。(TT
目を逸らすのだけれど、瞬間に目が合ってしまったりして。
「背が高い女!」という驚きの視線であるのでしょうけど、それは間違いなく「女」を見る目。
しかし結局、今日また唐突に話しかけられました;


後ろから追いかけてきて追い抜きざまに振り返って…「会ったことなかった?」
見れば60~70代のおっちゃん、そんなおっちゃんならナンパってことはないかな…見覚えがあるような気もするけれど、話しを引き延ばしたくないmoyaは「ないです!」即答。


まただよ…、なんか出歩くのが怖くなってきた…。。。
要件済ませて自宅へ帰り着いて一息ついて。
そういえば…考えてみればあのおっちゃんって、地元商店街でよく会うお茶を打っているおっちゃんじゃなかった???


それならそうと言ってくれればよかったのに…、でもおっちゃんも確証が持てなかったのかもしれないよね。
今度商店街で見かけたらまた話しかけてみようよ、ね。


女性ってみんなこんなストレスを感じているのかな…。。。

感謝します、ありがとうございます。

追記:
この内容で、「自慢話?」なんて聞かれてしまいました。
真剣なお話のつもりだったのですが、そのように捉える方がいらっしゃれば、そのように捉えられてしまう内容だったようです。
「moyaの日記」としている以上、自分の言葉であれば自己責任として自由に語ってOKと考えていましたが(個人名・誹謗中傷などは論外)、ブログ=公開された日記でありそこに読み手がいる以上は、読んだ人のことを考えないわけにはいかないと改めて思い知らされました。
活動方面を少し絞り、表現にもより一層気を配りたいと思いました。


ラベル:出歩く 他人 怖い
posted by moya at 20:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

日本平花火と別荘

blogram投票ボタン

24日、日本平花火大会へ行ってきました。

最近御縁を頂いているKさん、Kさんを通じて御縁を頂いたO先生とO先生を慕って集まった皆さんがいらっしゃる場へ向かいます。
「浴衣で来るよーに!」…とのリクエストにお応えしてmoyaは浴衣を着て2013-07-25(5.JPG、髪型…ブローセットだけKさんにやってもらいました。ww
(人ごみに行くわけじゃなく、人となりを知っている方々ばかりだからいいんです♪)2013-07-25(4.JPG


Kさん知人のNさんの車に乗せて頂いて、向かってみれば…「許可車両以外立ち入り禁止」区域内までどんどん入っていきます、なんで?いいの?聞いてみれば「通行許可車両証」がありました!へ〜、O先生ってナニモノ???

着いてみればそこは日本平頂上?にある日本平ホテルのすぐ脇の…別荘!?!?
もう花火大会は始まっていて、上がる花火が近いこと!
パッと咲いてドーン!…なんて音のタイムラグが1〜2秒!
つまりほとんど真下じゃん(@0@)
音の迫力が違う!!

すっごい近くてさいっこー!


屋外でしかも周囲は山麓=森みたいだから、虫が多いのがちょっと難;

風が吹かなくって花火の煙が空に立ち込めちゃって、低い花火は見えるんだけれど、高く上がった花火がよく見えません;
遠くから観るのとたぶん逆だね…遠くから観ているなら高く上がった花火は見えるんだけれど、低い花火は見えない…とか。

それを差し引いても、連発なんて大迫力!!




和気あいあいとした雰囲気と花火を楽しみながら、皆で持ち寄った食べもの・飲物をシェアし合いながら時は過ぎ夜も更けて…。

花火も終わり、別荘脇の道を花火見物客がぞろぞろ歩いて降りて行っているようです。予め指示された時刻まではこちらの車が出せなくなってしまうので、その時刻までホームパーティーでもして過ごしているしかない。

…こういうところに別荘を持つというのも…いえ、別荘を「持つ」というのが何かとてももったいないことのような気がしました。
これだったらシェアハウスで十分じゃん?


でもまぁ、とてもよい時間を過ごさせて頂いたことに間違いはありません♪

感謝します、ありがとうございます⌒0⌒





お洒落レディ必見のファッションアイテムが大集合
posted by moya at 18:54| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コバエが…飼っていたのは母でした

blogram投票ボタン

自分のお部屋の中にいるときに、どこからかコバエが飛んできます。

コバエが寄り付きそうなものなんて何もないのに???…不思議に思いつつハエ取り紙設置、現在数匹が捕えられています。

まだ飛んできたりするので「台所かな?」なんて思いつつ、台所にもハエ取り紙設置、現在数匹が捕えられています。


そうして数日〜数週間経過しました、コバエがしつこく飛んできます。

コバエが湧きそうなゴミ箱・ゴミ袋なんて週二回の燃えるごみの日にしっかり出しているのに、なんで?

なんでコバエがいなくならないの???


ある時母が「ハエ取り紙まだあったらちょうだい!コバエがうるさくってしょうがないから!」なんて話しかけてきました。

母でもうるさく思うくらい飛んでいるんですね…まだあるハエ取り紙を広げて母に渡します。母定位置の机と椅子、その机の下には母専用のごみ箱やら得体の知れないものがたくさん置いてあります、ごみの日にはそのゴミ箱からもしっかり回収してまとめて出しています。母はハエ取り紙をその机の縁から床に向かってぶら下げて取り付けました。


数日後…

母が出かけている時に「どうだったのかな?」ふと気になって、母が机の縁に貼取りつけたハエ取り紙を見たら…あっという間に数十匹が捕えられていました!!!


昨日…

花火大会に持って行くおにぎりをKさんと作っている時。
「コバエが飛んでいるね?病気媒介しちゃうからおにぎりにつかないように気を付けて!」

moyaは「はい」としか言えません。(TT



…何か…母自身忘れているような腐敗した食品とか、どこかにあったりするのかもしれません。

moyaだって整理整頓お掃除が得意とは言えないけれど、なんか信じらんない…。

手出し・口出し無用だし、早く涼しくなーれ…祈るしかないかな…。。。


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 17:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

女性としての喜びと悲しみをあらためて実感(TT

blogram投票ボタン

性的表現が含まれます、そういうのがお嫌いな方はご遠慮頂けると幸いです。



約束時刻よりも少し早く着いたmoya、うろうろしている間にその男性登場、手には缶コ−ヒーが二本。
公園のベンチに案内され、腰かけてコーヒーをもらって。

女装に興味があるのかな?…と思って聞いてみれば、ただ「かわいい」と思ったから声をかけたって!
(ネイルを指して)それかわいいね!それに手指が本当にキレイ!!
嬉しいことを言ってくれます♪

話の内容から妻子ありの五十代男性と判明、お子さんはもう成人されているそう。
moyaの恋愛対象・性対象でないのはもちろん、その人もそんな火遊びしたいわけじゃない…よね。。。

「手を繋いでもいい?」と聞いてきたので、別にそのくらいは…手を繋ぎベンチを移動したりして。
繋いだ手を引っ張られるように、その男性の後ろをついていく自分に女の子っぽいね〜なんて思ったり。ww



「今はメイクしているんですか?」
ファンデーションとかベースメイクだけで、メイクっていうメイクはしてないです。

「おっぱいって何か入れていたりするんですか?」
いえ、何も入れてないです。女性ホルモンを錠剤で飲んでいたら、だんだん膨らんできたんですよ。

「おっぱい触ってもいいですか?」
(やっぱ興味ありますよね?男どうし何かの参考になるようでしたらどうぞww)…なんて思って、「はい」なんて言ってしまったことが思えば運の尽き。


やがてスカートの中へ手を入れ、脚肌の手触りを確かめるようにまさぐってきて。
耳へキスしてもいい?…なんて
やがて首筋へもキスしてきます、しびれるような感覚が走ります。
スカートの中の手はだんだん上がってきて、ショーツをなでていると思ったらショーツの中まで手を入れてくるし!!

唇の感触やまさぐる手に身体が反応しています、脚の指先が痙攣するようにピクピクしていたり。
自分の身体の一部が充血して大きくなっています。
耳元で「足を開いて」…なんて囁いてきます。
冗談じゃない!ので、カタクナに足を閉じて拒否していたらあきらめてくれたようで、そこで一段落。

どうしたもんか…考えがまとまらないでいたらその人が自分の股間を指しています。
何かと思って手をあててみたら、作業着の上からでもはっきりわかるくらい、しっかり股間のものを大きくしています;

数分じっとしてて、おもむろに「じゃ行こうか」。
「また電話するね!」なんて言われてお別れして一件落着。



自分の中でどう処理していいかわからず、力なくとぼとぼ歩く帰り道、「moya!」と呼び止められました。振り向けば最近御縁の多い○さん(女性)。
「なんかユーレイみたいに歩いているからわからなかったよ!どうした?何かあった?」

「うん、なんかあった。実はカクカクシカジカ…。年若い女の子が彼氏とかから初めてそういうことをされて、「そんな人とは思わなかった!」なんてカルチャーショックを受ける、それってこんな感じなのかな…。」

「そりゃあんた自覚無さ過ぎ!ホイホイ電話番号を教えて、呼び出されてホイホイ出て行って、言われるままおっぱいもませて性器触らせたなんて…、好きな男にそうされてのノロケ話ならいいけどそうじゃないんでしょ!?!どこの尻軽女だよ!!!」
あ、そっか。尻軽女…やっていることは確かにそのとおりだったね…。。。

「唾液を耳に入れられてそこに傷があったりしたらエイズをうつされていてもおかしくないし、手が性器にさわったなら手から性病うつされていても不思議じゃないんだよ!保健所行って性病検査受けてきな!!三か月あけて二回ね!!!」
「男なんだからそういう時ぐらい怒れ!それからミニスカート穿いて出歩いてたらそういうPRしているようなものなんだからね!いつもあちこちで見かけるけど、うろうろ出歩かないこと!!特に夜!!!」



そっか…、今回の事でいえばおっぱいへ手を伸ばしてきた・スカートの中に手を入れてきた…そこで怒って相手を張り倒して帰ってきてもいいくらいのこと…、冷静に考えてみれば確かにそうだね…猛省;

身体を洗い流したくてシャワーを浴びようと服を脱いだら…下着を少し汚していました。
自分にショック!
濡れているからって同意なわけじゃない…そっか…、女性だって一緒だよ。。。



…手のかかる四十男だねぇ(T0T)…
とりあえず公衆電話からの着信拒否、電話番号非通知の着信拒否、設定完了。



そして今日、必要がなければキレイかわいく在ることは封印しよう…なんて思いつつ、検索して「パンツスタイルで」泌尿器科へ行ってきました。

差当たり昨日の今日では潜伏期間があるから検査しても意味がなくて、それでも尿検査だけしてくださいましたが陽性反応は何もなくて、「九月ごろにまたいらっしゃい」ということになりました。

「あんたバカァ?!」なんて、自分で自分に言いたい。。。

基本が男性であるからこそ今こうしていることができますが、初めから女性であったなら自分の存在を恨んでいたのではないか…いまごろとっくに自分で自分を閉じていたのではないか、そんな気がして仕方がありません。

パンツスタイルでも自分にかわいい印象を持ってしまいます!
もうそんなレベルにまで達していた…それは嬉しいはずなのに、それを喜べません。

キレイかわいくいたいのに、それは結局男性を惹きつけることになる。
自分でどうしたいのか、どうしたらいいのかわからなくなりました。。。


感謝します、ありがとうございます。


ラベル:喜び 悲しみ 実感
posted by moya at 21:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

うなぎとナンパ

blogram投票ボタン

静岡市内でうなぎの老舗、「あなごや」さんへ母と一緒に行ってきました♪
母の生前からあるそのお店、母にとっては憧れたお店であったり?…少し感慨深いものがあったりすると嬉しいのですが。
⌒⌒;


さすが土用丑の日=うなぎの日、特別メニューに切り替えて、通常なら定休日の月曜日=今日も絶賛営業中。
お店に入って「空いている席どこでもいいですか?」聞いてみれば、「予約は?」「ありません」無言で奥へ引っ込んだ店員のおばちゃん。
予約客だけ…ってことは無いはずだし、よほど忙しいのだろうけれど、もうちょっと対応をなんとかしてほしい;
空いていた席へ勝手に座ったら、お茶を持ってきてくれました。

営業中とはいえメニューの品数を絞った限定メニューでの営業、見ると「坂東太郎」と「大井川共水」と「大井川共水(大)」の三種類。
(大)は除外するとして、坂東と大井川の違いって?
坂東がよんせんごひゃくえん、大井川がさんぜんろっぴゃくえん。どっちもいいお値段だけれど、その差額せんひゃくえんの意味するものって??
…リーフレットを参照すると「坂東」が利根川の養殖で「大井川」が大井川の養殖とのことらしいけど、それが何を意味するのかよくわかんない。
二人だから両方頼んで半分つかな?…両方オーダー。

ワクワクしながら待つこと30分弱、「お待たせしました」って運ばれてきました!
もう少し待つかと思ったら、思ったより早かったね?こんなものなのかな??
重箱に入っているのが「坂東」、お丼ぶりに入っているのが「大井川」。


001.JPG
moyaは「坂東」から頂きました。
身はふっくらとしていてとてもやわらか、だけど味わいや歯応えはしっかり。
皮はもっちりしっかりとした歯応え、だけどゴムみたいなのじゃなくて、歯切れのよいもの。
しっかり何回も噛んで、ゆっくり味わって食べたい…そう思わせるうなぎでした♪

002.JPG
半分くらいで交換して、続けて「大井川」を頂きました。
たれは一緒なのかな…味わいは似た感じだったけれど、食感が微妙に違います。
「大井川」の方がなんか安っぽい…なんか「うなぎ弁当」っぽい。
あ、もちろんそんじょそこらの「うなぎ弁当」よりはよっぽどおいしいよ。
方向性としてね、そんな感じってこと。

「うん、これなら「坂東」の方が絶対満足感があるね♪


おいしく頂き終わって、ごちそうさまでした〜(⌒人⌒)
お会計お願いして、レジの前でお財布を開いたら…あると思ってたいちまんえんさつが無い!
…いえ、あると思い込んでいただけの単なる勘違いなんだけれど;
無いものはしょうがないので「カードは使えますか?」
「いえ、ごめんなさい、来月から使える予定なんですが」
「そうしたら申し訳ありませんが少し待っていただけますか?近所のコンビニに行ってすぐに用意してきます、その間母を置いていきますので少し待っていてください」
「はいわかりました、念のためお電話番号伺ってもよろしいですか?」…

電話番号を伝えて、足早にコンビニを目指します。
コンビニへ着いて7分ほど経過、コンビニで出金作業に2分ほど経過、再度あなごやさんへ足早に歩いている時…不意に話しかけられました。

「ちょっと時間ありますか?」
「いえ、今急いでいます」

…見れば作業着姿の男性、その格好で何かの勧誘ってことは無いでしょう。
たまたま通りかかった人にこの近所の事を尋ねたい…とかであるなら「今急いでいます」の言葉と足早に歩くmoyaの歩調ですぐに離れてくれると思いきや、歩調を合わせてついて来ようとします?!?!

「ナンパですか?!男ですよ!?!」
「はい、わかっています。電話番号だけでも教えてくれませんか?」

めんどくさいのと早く移動したいことで考えるのが面倒になって、素直に携帯番号を伝えました。
「お名前は?」
「moyaです」
「じゃまた、電話します!」
「お名前は?」
「○○です!」


あなごやさんに戻って無事にお会計を済ませて、母と一緒にウチへ戻ります。

小雨の降りだした帰り道、アーケードのある商店街を通っていくことにします。
顔馴染みになった電気屋さんでは「お茶飲んでいきな!」って、母と一緒にご招待♪
奥でいつも座っていらっしゃる女性とウチの母と年代・話題が合うのか、ちょっと意気投合した様子。
そういう御縁も面白いですね。



帰ってしばらくしたら携帯が鳴りました、見れば公衆電話から、これはたぶん…。
出てみればやっぱり先ほどの男性、「会社の携帯使うわけにいかないもんで…」だったら自分の携帯からかけてくればいいことでしょうに?
「この後、会ってお話しできませんか?」
「ですから男ですし、好きな対象は女性ですし、男色趣味ありませんよ?」
「はい、それでもいいです、時間取れませんか?」
「会ってお話しするだけですよね?」

一体なんなのだろう…よくわからないままこの後でその人と会ってくるのですが。
「会ってお話しするだけですよね?」
これって、ナンパ慣れしていない女の子が自分に言い訳するための慣用句っぽいよね?

思わずそう言っちゃった自分に苦笑い。(苦笑


感謝します、ありがとうございます。






楽天で探す



楽天市場
posted by moya at 17:13| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

タップの練習とメイクレッスン

blogram投票ボタン

来週は集まれる人皆が集まって、プログラム通りに進行して確認する「総練習」です。

なんかいよいよ迫ってきました(⌒▽⌒;



今日はタップダンス、メンズ組の練習日でした。

試行錯誤・変更・修正しながらの練習にはなかなかままならないところもありましたが、ようやく最初から最後までやれるだけの形ができてきました。

まだまだ小変更があるのかもしれませんが、ようやく全体が・ゴールが見えてきたことで、ちょっとホッとしています。



同じ場所で、続けて開催されたメイクレッスン。

舞台・イベントで映えるメイクのポイント説明。…だと思ったら…出演者にはお子様が多くて、特にお子様女子はこの機会にメイクの仕方をレクチャーしましょう!…そんな感じ。

レクチャーされたメイクの仕方はまぁ普通な感じでメイクの順番とかライン・シャドー・チーク・ルージュの入れ方とか、本当にお化粧初心者向けな感じだったけれど。
舞台メイクに話しが及ぶとやっぱり違うんだね!遠目にもはっきりと表情が見えるようなメリハリあるメイクをするんだね!!

アイライナー・アイブローなんて長さが普通の5割増しだし、アイシャドーは原色っぽいし。
目頭・目尻やルージュにラメを散らしたりして♪
汗・崩れ対策に、「半固形ファンデとパウダー」をセットに、それを3回重ね塗り!
…まぁ今回は3回公演で、朝から夜までずーっとそのメイクでいることになるから、そのくらいしておく必要があるのかもね…;



メンズはやっぱり(?)アイメイクはしなくてよさそう。
だけどファンデとハイライト・シャドーで顔は際立たせるようにするんだって。
そういうところはやっぱり男が楽でありがたいね。ww

だからファンデの色味が大事になってきそうで、色味や明るさにちょっと悩みます。
普段日常に使っているものは女性用の中でもかなり白く明るいもの、舞台用におすすめと紹介して頂いた半固形ファンデは一番明るいものでも普段使っているものより肌色っぽい。
女性用にはもっと明るさを落として肌色っぽいものもあったけれど、男性用はそれよりもっと明るさが落とされてもう肌色っていうより褐色って感じ。
…まーね、そのほうが精悍な男性らしさは出るのかもしれないけれど、これだけのために買っちゃうのもねぇ…。
キレイかわいくするためならともかく、そうじゃないしねぇ…。
だけど今回は男役なんだから男らしくばっちり決めないとなんか納得できないしねぇ…。

んー、どーしよ。(⌒⌒;


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 23:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

太鼓の練習

blogram投票ボタン

御縁あって、和太鼓のパフォーマンスグループの練習日に「おいで!」とお誘いいただき、ホイホイと参加してきました♪


皆さんが集まったところで「せーのっ!」っていきなり叩きはじめるのじゃなく、3〜40分ほど先生からのお話を伺います。

世界経済から哲学から…今の私たちの身の回りのことについて、噛み砕いた説明をしてくださいます。
そういう話題大好きなmoyaだけど、何か物足りなさを感じます。なんだろう…って考えてみると、それが顕在視点に偏っていることが不満なのかな???
視点も人脈も広く、人望が厚いその先生を慕って集まってきた仲間、そんな背景もあるようです。



じきにお話は終わり、いよいよ練習です!
太鼓の練習といっても太鼓を叩くのではなく、普通の丸椅子の上にクッション材を貼りつけたものを人数分用意して、それを撥で叩きます。
そりゃ太鼓の大きな音をいちいち出されちゃご近所迷惑もいいところだよね。ww

タン・タタタン・タタタン・タタタン…
一定のリズムを刻んでいきます。

何か感覚がぶれて?リズムが一瞬ずれてしまったり;
moyaにドラムパートは無理ですね。ww

左手の撥はいいのに、右手の撥だけだんだん先の方へ抜けてきてしまいます。
叩いている椅子がその振動で動いちゃったり。
…力加減にも微妙な慣れがありそうです。

祭り太鼓とか…竜神とか…いくつか定番のプログラムがあって、それを地道に練習していくのが基本活動のようです。
伝統芸能の良さでしょうか、次々と新曲・新譜に移り変わっていったりしないでじっくり取り組めること。
タップダンスなどではステージごとに新しい曲へ取り組んだりして、1ステージだけの運命になってしまうものもあります。
ましてヒットチャートを賑わす楽曲などは毎月・毎週・毎日違っていますから、芸能関係のお仕事をしていらっしゃる方々って本当に大変だよね…何気に思ったりしました。


太鼓もなかなか難しいものだね…なんて思いつつ練習を終えた後、「初めて参加してあれだけ叩ける人なんていないよ!すごいよ!一緒にやろうよ!!」なんて皆さんが話しかけてくださいました!
太鼓の達人で練習でもしようかな♪

メンバー増員のための社交辞令なお約束なご挨拶?…いえいえ、そんな斜に構えることはないですね、歓迎してくれるムードを素直に喜んじゃいましょう!(⌒▽⌒v

付き合い気分でどこまでやるのか知らないけれど(⌒▽⌒;


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 11:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルマを売りたいのなら、クルマの話はやめなさい!/高塚苑美:すばる舎

商品そのもの…カタログに載っているようなデータではなく、そこにある背景や実際にその商品が使われている風景のお話をすることで、お客様ご自身がそれを手にされていることを想像させやすい。

目の前にいる相手を好きになり、魅力を引き出す・引き出そうとする会話。
「売るつもりがないのかと思った」なんて言われたことで何かに気が付いた著者。友達ではないのだから、売ろうとする姿勢を見せることも大切。


ミラーリングや心理学的要素も織り交ぜつつ、わかりにくい説明をお客様の性別・年代に合わせた話題に置き換えてわかりやすくしたり(コーティングの説明を、40代男性であれば靴の手入れ・30代女性であればネイルのトップコートなど)。
その基本は信頼ある人間関係。
何気ないお話しや小さな約束を“寝かさない”。
わからないことには「わかりません」と答え、わかる人を探して話を繋げる
自分自身にわかりやすいポイントを作り、「イジラレやすさ」を演出する。




今回のそれは商品であるイタリア車と著者のイメージとキャラクターが合致したことで大きな成果に結びつくことができたのでしょう。
要は「魅力的な人間作り」、ここでのそれは「目の前にいる相手に共感する能力」に尽きそうです。
但し、相手が目の前にいるときだけではなく、お会いしていない時にもお会いする時のための布石を置きつつ。

一度お会いしてみたいものです⌒▽⌒


感謝します、ありがとうございます。

posted by moya at 08:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

サボテンが仲間入り♪

blogram投票ボタン

お部屋の仲間にサボテンが加わりました!

先日のチャメヤシと並べて、緑の彩りが増えました♪


チャメヤシの水やり+日光浴は週一ぐらいでいいってことだったけれど、サボテンは更に逞しく月一くらいでいいって!!

大丈夫なのかな?
2013-07-17.JPG

トゲのある丸さって、なんかmoyaっぽい?www

健やかに育ちますよーに♪


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 13:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚のジェルネイル♪

blogram投票ボタン

今日ジェルネイルをやってもらいにネイルサロンへ行ってきました。

前回やったラメ素材が比較的リーズナブルで見栄えもしたので、同じラメ素材で1〜2色使いに仕上げて頂こうかな…なんて考えつつ。


伺ったら「ドーナツ召し上がりますか?…お客様から頂いたのですが、一人じゃ食べきれなくて…」
特にお腹もすいていなかったけれど「おなかペコペコでドーナツ食べたかったんですよ〜!いいんですか貰っちゃって〜♪」
出して頂いたストロベリーのハーブティと一緒に、おいしく頂いちゃいました♪

先ずフットケア・ペディキュアからやって頂いていたら、突然のお客様。…かと思ったらネイリストさんのお友達なんだそうで。後輩になるらしいんだけれど社会人になってからの知り合いで、一緒に海外旅行へ衝動的に行ったりだとか、なかなかの自由人のようでいろんなエピソードを聞かせてくれました。



ネイリストさんと話している中で「先日やったダンスの先生は五本指全部を色違いのラメで、かき氷のイメージで仕上げたりしましたよ」なんて伺って。

デザインに凝っちゃうと高くついちゃうし、そのアイデア使わせてもらっちゃおうかなー。
水色=ブルーハワイと、ピンク=いちごは必須として。黄色=レモンや緑色=抹茶も捨てがたいよね〜。でも多色使いだと費用がかさむから四本を水色=ブルーハワイにして一本だけピンク=いちごとか?
…んー、レモンも抹茶も捨てがたい!やっぱり四色使っちゃおうよ!!
聞いたアイデアそのままじゃつまらないよね、魚のシールでも貼ってもらったらちょっとアレンジになるかな〜。。。…ってシールを見せて頂いたら魚のシールがありませんでした;


「よかったら描きましょうか?」
「え?描けるんですか?フリーハンドで??」
「はい、もちろん」
「それじゃぜひお願いします♪」


「デザインはどうしましょう、赤い金魚と黒い出目金でいいですか?二匹向い合せにしますか?」
「二匹向い合せなんてこの(爪の上なんて小さなスペースで)描けるんですか?!」
「はい」
「それってすごいですよね!!…んーでも今日は一匹づつでいいです、一匹づつ描いて下さい」


「目はいれますか?目を入れるとかわいく、目を入れないと大人っぽい雰囲気に仕上げられますよ」
「あー、どっちもいいよね…んー、今日は目を入れてください!」


そうして仕上げて頂いたネイル。
夏っぽく、素敵にかわいく仕上がりました♪
2013-07-18-01.JPG
シール貼るより描いていただいた方がずっと素敵!
今年の夏は暑そうだけど、これで少し涼しく過ごせそう♪


感謝します、ありがとうございます。








posted by moya at 00:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

より髪がキレイになりました♪

新聞屋さんとしてお世話になっているKさん、実は美容師さん。
顔見るたびにヘアスタイルやファッションにチェック(注文・いちゃもん)入れてくれます。ww
そんなに言ってくれるんなら面倒見て!…ってお願いして、昨日初めてmoyaの髪にはさみを入れてくださいました♪


送り迎え付!…っていうことでKさん運転の車の助手席に乗って向かった先は、市内でmoyaだって何度も通ったことのある見覚えのあるところ。
看板も何もなくて一見何の変哲もないマンション…その前に車を停めて、案内されたお部屋に入ってみれば隠れ家的美容室発見!
あー、これじゃ迎えに来てもらって案内してもらわないと全然わからなかったね〜。www



「こんなに傷んでたんじゃ何もできないじゃん!」
「かたちがちびまる子じゃん!!」
「今までどこの美容室に行ってたの?近所のあそこ?髪の手入れの仕方とか教えてくれた?」
「もっと伸ばしてボリュームだしてかわいく仕上げたいのに、傷んでて切らなきゃしょうがないから面白くなーい!」
「せっかくようやくmoyaの髪に手を入れられるのに!!!」…

楽しそうに文句付けてくれるから、どこまでが本気なのかよくわかりません。www
ひとついいわけさせてもらえれば、今までmoyaが自宅で使っていたシャンプーとトリートメント(サムライウーマン)が実はすっごく相性が悪かったことに最近気が付いた!…:それは漠然と感じていたんだけれど、もったいない…なんて思いながらちょっとづつ使っていたのだけれど、傷んでくる髪を見ていたら最近ようやくあきらめがついて。
一週間前くらいから新しいもの(ラサーナ)に切り替えました。これで長期的にだいぶ改善できるはず♪…なんだけれど、今現在口惜しい思いをしているKさんの口惜しさがなくなるわけじゃない;
だから「ごめんね〜;」「ありがとね〜;」…なんて合いの手を入れつつ、どう仕上げてくれるのかわくわつしつつ、Kさんの手元を見守ります。


カットし終わってシャンプー台へ。
楽しそうに文句付けてくれるのは変わらないのだけれど、そんな言葉の端々や頭皮越しにキレイにしようと一生懸命トリートメントしていてくれる感覚が伝わってきます。

そして仕上げブロー。
テグシで根元から持ち上げるように全体を乾かして、絡みや余計な水分を感じなくなってからブラシ(Kさんが使っていたのは豚毛?比較的細かい毛のちょっと大きめロールブラシ)を使って梳きながら乾かしていくんだけど、ブラシがちょっとでも引っかかったらそこで止めて何回でも梳きなおすこと。ほとんど乾いてから最後に形を整えるんだけど、ここまでしっかりできていれば仕上げはどんな形でも決まりやすいはずだから!
…まとめるとそんな感じのアドバイスをしてくれました♪


仕上げてもらってみれば、さすが!キレイかわいく仕上げてくれました…後ろアタマなんて100点じゃん♪
きれいなサラツヤ髪で、天使の輪が光っています(⌒0⌒♪
2013-07-17.JPG
結局カット・シャンプー・トリートメントで、「○千円でいいよ」って!
なんて良心的♪


今まで行っていた美容室だったら…
「クセが出てますね〜→縮毛矯正かけましょう、毛先は傷んでいるから根本だけかけましょう」(「根本だけなんてできるんですか?どうしても毛先に薬剤がついてしまうのは避けられないんじゃ?」なんて疑問をぶつけてみたこともあったけれど、「大丈夫です!それが技術です!」そう言ってくれるものは信じるしかない…;)
「痛みがひどいからトリートメントいいものを使いましょう!」(確かにその日はきれいに仕上げてくれます)
さらに
「こんな新商品が出たんです、moyaさんの髪に絶対お勧めですがどうですか?」

挙句に○万円かかってしまうことがよくありました;
いかにいいカモにされていたかがとってもよくわかります(xx;
だけど今までEARTHさんのお世話になっていたからこそ今のmoyaのスタイルがあり、今回Kさんと御縁を頂くこともできたのであり。
スタッフさんお一人おひとりの印象は好印象でしたので、言えば「法人化し肥大化し売り上げと利益を追い求めた美容院として在るべき姿であった」…そんなところになるでしょうか。
もう行かないかもしれないけれど、今までありがとう…って感謝の想いは感じています。
…そういえば、そんな話しに付き合う形で買った家庭用エステマシーンを「ウチ(moya自宅)で使っている余裕がないから、ホコリかぶらせるのももったいないし、お店で顧客サービスでもスタッフサービスでも何か使ってください」って預けっぱなしじゃん!あれたしか十万円くらいしたよね?
それに今度出す本の中でもいいことばかり並べて書いたよね?
…まぁまぁ…、本が出たら一度挨拶に行く機会あるんだろうし、その時に引き上げてくればいいじゃん!ね…;




Kさんのそのお店は最近移転オープンしたもので、その経緯にも共同経営な仲間だと思っていた女の子がバックれちゃったりだとか、紆余曲折があった様子;
いろいろと大変だけれど、風雪を乗り越えて今こうしてご縁を頂けているんだからありがたいよね♪



きれいに仕上げてもらった後で、Kさんの知り合いの女の子も加わって三人で夕食♪
Kさんと違って(?)初々しい感じの女の子、悪い男にだまされちゃだめだよ〜。www



さすがというべきなのでしょうか?…Kさんの機転・会話の楽しさっていうのはそういうところで培われたものであったのですね。
新聞配達のお姉さんかと思ったら、実は職人さんであったなんてかっこよすぎ!(⌒0⌒/



そういえばこないだ電気屋さんから「本当は美容師なんです、よかったら今度(髪を)切らせてください」なんてお話しも頂いていたんだっけ!

とかくこの世は、御縁は面白い!
…のだけど、頭は一個しかないしみんなに付き合っていられるほど時間の余裕もないし。

意識して取捨選択していかないといけないんだね…;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 18:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

タップの練習とお墓参りの一連

昨日14日は朝から行動開始、発表会に向けたタップダンスの練習へ参加してきました。
参加するたびに新しい部分が付け加えられていくのと細かいところが変更されていくのとで、なんだかもういいにして〜って感じです。(苦笑
だからといって最初から「はい、これだけよろしく!」なんて、いきなり全部を渡されてもついていけなくなってしまいそうだし。
何かやるせない感覚があります。。。



帰ってきてから、母と姉とmoyaと三人でお墓参りに行ってきました。
先ず母方のお墓参りから。

moyaはいつもお掃除係、墓石についたコケやら汚れをお水とブラシで洗い流していきます。
お花と香花を生けてお線香をあげて、合掌して「健やかに在ります、ありがとうございます」とご報告。
敷地内にある本家のお墓にもお線香をあげます、合掌して「健やかに在ります、ありがとうございます」とご報告。
菩提寺にも伺います。例年はお布施だけだったのですが、今回からお布施とお施餓鬼料をわけて奉納することになったようです。
生けるものの、大人の都合なのでしょうか?ww


精進落としに、ブロンコビリーって、サラダバー・ドリンクバー付きのステーキハウスチェーンへ三人で行きました。
最近のメニュー豊富なサラダバー・ドリンクバーに慣れてしまったのか、一瞬でも「これだけ?」なんて思ってしまった自分が恥ずかしい。(⌒▽⌒;
ビーフステーキとチキンステーキとハンバーグステーキを三人でシェアしあいながらおいしく頂きました。
いわゆるそうした「お肉の塊」って久しぶりにいただきましたが、チキンならまだしもビーフステーキの「凝縮感」が「濃ゆい」ことを再確認、蛋白質なら大豆が一番おいしく頂ける感じです。


母をおろして、姉と二人で父のお墓…にはまだ入っていないから遺骨参り。
お寺の本堂裏にある、アパートのような…いかにも「臨時」な安置スペース。
遺影・位牌・骨壺が収められた箱の三つが収められた小部屋の扉を開けて、お線香をあげて、合掌して「健やかに在ります、ありがとうございます」とご報告。
二年半前の当時には入るお墓が決まらなくってそうなってしまいましたが、今に至っても父の永眠する場所が決まるめどが立たずにそのままであるとは思わなかったよね…なんて、姉の嘆きに同調します。
国鉄当時に駅長まで勤め人望も集めた父でしたが、人のシガラミって可笑しいやら哀しいやら。。。
父の遺影を見るたびに「moyaは墓石・墓標の下に眠りたくない、散骨結構!野垂れ死に上等!!」その思いを新たにします。

「父さんと話しができたなら、今なら父さんの想いをわかることができる気がする。もっと話をしておきたかったね…。moyaと父さんが話をする機会ももっと作ってあがられたらよかったね…」とは姉。恐らく兄も、父になった今は父を偲ぶ意識を持ってもいるのでしょう。父さん、子供たちは健やかに在るようです。


感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 15:21| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

浴槽で汗かきの体質改善できるかな?

blogram投票ボタン

ちょっと歩いただけで汗をかく、汗かきなmoya。
その汗も、首から上ばかり…特に頭から汗をかきます。

メイクが崩れるのはもちろん、帽子をかぶっていると蒸れてしょうがないし、あげくに髪が濡れてシャワー後みたいになっちゃいます;



小・中学生のころは身体を動かすことがとにかく億劫で、部活は文化部・趣味はインドアな引きこもり生活、挙句に登校拒否。つまり身体が完成するその年頃にかいた汗の量というのが、moyaは人並み外れて少ないはず。
だから身体の体温調節機能として発達するはずの「身体が汗をかく」という能力、それが十分に育たなくって、稼働中の汗腺が首から上に集中しちゃった…だとか。



体質改善を狙って、長年シャワーだけでしたが湯船・浴槽につかるようにしてみようと思い付きました。
ゆっくりつかって汗をかくようにして身体の代謝を少しでも上げて全身から汗をかくようになれば、頭汗が少しはひいてくれるかな…って目論見。


加えてマイペースで歩く時間が増えたことも良い影響になっているはず♪

脇の下付近の胸囲をサラシとかできつく締めると顔や頭から汗をかきにくくなる…っていうのもあって、それは芸妓さんとかがそうしていらっしゃるらしいんだけれど。

とりあえず体質改善できればそれでよし…と、湯船につかる生活をしばらく続けて様子を見てみたいと思います♪


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 23:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

母と扇風機。そこから綱渡り。

最初にお断りします。
母の愚痴です。読んでいただいても愉快なものではありません。



生命保険会社から通知が来ました、母宛のそれは「先月のご契約生命保険料が引き落としできませんでしたので、今月に2か月分請求させて頂きます」そんな内容。

母は「こんな手紙が来たんだけど…」とmoyaへ差し出してきます。
moyaは「はい、うっかりして先月分が残高不足で落ちませんでした。口座にはもう2か月分を用意してあります」
母「悪いねー」ww
moya「いつもこれが生きがいのように仰っている大切なものですから。でもお金が生きがいって虚しくないですか?」
母「そんな保険の価値みたいなことを今更moyaと話したくはないよ!夕ご飯が途中なんだから食べさせてくれない?!?!」…そう言ってテレビに見入りますが、テレビに見入ってお箸を運ぶ手が止まっていたりします;


日を改めて今日…
母「あさってお墓参りに行ってこようと思うよ」
moya「そうですか、気を付けて行っていらしてください」
母「なに?!ひとりで行けっていうの!?!」


お願いしたいのかと思えば感情に任せて露骨な不満をあらわにしてみたり、変に逆なでしたくはないから話としてただ聞いていたら実はお願いだったり。これって形を変えた脅迫?
次の瞬間には無心にテレビへ見入る姿がそこにあり(テレビを見ながら食事をするのは良くて、会話をしながら食事をするのは良くない…moyaはテレビ以下になるようです)、つまり思考放棄の確信犯?
それはまるで白痴のよう。

母と会話をするたびに、生きていることが本当にいやになります。
人間ってこんなにつまらないものだったのかと。



家族・親族の事を悪く言われても・書かれても否定も肯定もしようがなく、聞く・読む人を困らせるだけ、言えばそうして言う人・書く人の幼さを晒しているだけ。先の「女性の品格」の表現を借りれば「それを言う人(つまりmoya)は自分の品格の無さを周囲に宣伝して回っている」ことにもなるのでしょう。



そんな母の「扇風機が欲しい!」リクエストにお応えして扇風機を買ってきました、地元商店街の中古電気店で¥3,900-.、五枚羽で10年落ちくらいのパナソニック製品。国内産にこだわりたかったけれど、ちょっと妥協しちゃいました。

moyaがどれほどお人よしなのかってことですね。。。



今私はとても幸せでいる自覚と自信があります。
でもそれは綱渡りのようで、ふとしたバランスの崩れが取り返しのつかないことを招いたとしても不思議じゃありません。

母が揺さぶりをかけてくれている感じです、悪意なく。
試練…なんて必要ない概念ですけれど、何か試練めいたものを感じてしまいます。


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 22:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

思考放棄?

blogram投票ボタン

今を否定することはない?
…それはそうでしょう。

否定材料を探してアラ探しするのもいやらしいし、どのようなことであれ「いいね!」と認めたいと思うのだけれど。
かといって肯定ばかりしていては、「何が食べたい?」と聞かれたときに「なんでもいいよ」と答えているような感覚を覚えます。それって思考放棄な気もします。



「なんでもいいよ」と答えている人というのは、食べたいものはあるのだけれどそれを文章にするのが面倒でそう答えていたりだとか。…それなんかはわかりやすい思考放棄だけれど。

「いいね〜♪」と言うにしても、「なにが良かった?」なんて質問に答えられる筋道を考えてからでないと「いいね〜♪」と言いだせなかったりします。

会話のキャッチボールのリズム・テンポがmoyaは少し違う…たまに言われます。
(⌒⌒;


まして否定も肯定も自分勝手な評価に過ぎないことを思うと、それをそれとして否定も肯定もすることなく認識し受け入れるだけなのかと思ったり。
だとするなら喜びも悲しみも…感情とはそもそも蛇足なのかな。

そんなはずがない!
受け入れるだけでよいのであれば、ビデオカメラやクマさんのぬいぐるみの方がよほどすぐれた観察者だよね。

だからつまり、それを観て聴いて感じたことで何らかの情動が自分の中に産まれてくることが大事なのかな。

大事なことだけれど、そこに囚われ引きずられては本末転倒。

バランス感覚が難しいですね。
(⌒⌒A


感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 13:09| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする