お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2010年03月30日

肥大化する法人

法人…概念上の存在を儲けさせてどうしようというのでしょうか。



有限・株式…会社組織、それは営利団体。

株主利益のためにも・従業員のためにも・オーナーのためにも・社会のためにも、利益とその内部留保は確かに必要なことなのでしょう。

宗教法人・財団法人…非営利団体すら、利益が命題になっていたりします。





寄らば大樹…その大樹たらんがためなのでしょうか、昨今は…いわゆる産業革命からでしょうか…あちらこちらで法人をせっせと育て続けているようです。

…今ココに存在している人間よりも、法人を育てることのほうが使命だ…と言わんばかりに。





そも…自分自身に自信がない故の行動なのでしょうか。

私は誰なの?なぜココにいるの?…本能的に感じている漠然とした疑問。

しかしその疑問へ正面から取り組むことをしようとせず、自分を欺きごまかしているようにも見えます。




感謝します、ありがとうございます。

posted by moya at 23:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

セゾンとの縁切り

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

去る一月某日、セゾン(クレジット)カードを返却してきました。




思えば長い付き合いでした…

キャッシング枠いっぱいまで借り入れての自転車操業、そんな最中の一方的な限度枠縮小はきつかったです。

約定返済を済ませて、わずかに出来る与信枠を使って出金しようとしたら、限度枠が下げられていて出金出来なかった、貸し剥がしにあった瞬間の絶望感。





消費者の見方のふりをして…甘言弄して、あの手この手とアプローチしてくる詐欺師を思いました。





挙句に…静岡西武(現PARCO)のセゾンカウンターへ約定返済に行ったとき、駐車券への押印も拒否してきました。

当時はそんな小銭が本当に惜しかったんです。

そんなに経常利益を上げたいのですか…心の声でした。





カードを叩き返したくてもその与信枠が生命線であった当時、カードを見るたびわずかばかりの悔しさを感じました。

しかし…お蔭様で財務体質が変わり、与信枠に頼る必要がなくなり、ようやくカード返却が出来ました。

晴れ晴れとした気分です。^^v





感謝します、ありがとうございます。



フルーツショッピング






顧問料無料.com
posted by moya at 21:32| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳の君へ/池田晶子:毎日新聞社

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン


いいですね、義務教育当時に出会いたかったです;

平易な語り口で、わかりにくいことをわかりやすく説いています。

教科書・副読本の一つとして、採用が進んでいるところもあるようですが、もっと広範に読まれて欲しいと思います。




『… 「自分らしく」を求めることが、自分を自分らしくなくしている。

「宇宙はどうなっているのか」と問えば、科学はそれなりの答えを出すことができる。しかし、「宇宙が存在するのはどうしてなのか」なんて問いは、人間にはまったくどうしようもない。

人生の最終目標は「幸福になる」ということだったと気がついた君は、具体的な「将来の夢」の方は、どうしよう。 …』


自分探しを煽る風潮に違和感を感じていましたが、ココにも語られていました。

自分なんて自ら定義し内に求めるべきもの、他から定義され外に求めるものじゃない。





そして特にこの一説に恵心しました。

14歳と限定してはもったいない、成人一般はもちろん、政治家一般諸氏の座右の銘としていただけると嬉しいですね。^^;


『必要なのは、理想的な社会ではなくて、理想的な人間だ。社会を構成する一人一人が理想的な人間になる以外に、理想社会の実現なんか不可能だということに、どういうわけか、人間は気がつかないんだね。』



…そんな理想が叶ったら政治家は不要になる、そんな自らの首を絞めるようなこと、今時の政治家には望めないことなのかもしれませんが。www




感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 15:09| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我思う…我あり

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

うっすら感じる違和感を明文化してみようと思いました。
言語・翻訳の問題であることの再確認に過ぎないのかもしれませんが…。
^^;




「我思う故に我あり」
(デカルト・フランス語原語…Je pense, donc je suis.)

「我思う即ち我あり」
(moya語録)

ポイントは「故に」と「即ち(すなわち)」。



「故に」
A…それを理由として、その結果として…Bに至る。
そこに認識される我は絶対者である。
人間の傲慢さを感じます。


「即ち」
A…それと同時に成立するものとして…Bに至る。
そこに認識される我は観察者である。
生かされる者としての節度を感じます。





もちろんそれはmoyaの個人的視点・見解、語彙の微妙なニュアンスなんて、細かく言えば百人百様であることでしょう。

それでも「考えることが自身の存在証明である」、それはどうやら共通する認識のようです。
^^;




感謝します、ありがとうございます。


新規モニター登録





新・せどりノウハウ
posted by moya at 14:06| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度としての結婚(加筆再掲

結婚したい?したくない?

そう聞かれたら…そりゃねぇ…したいと答えるよぉ。

でもね…冷静に考えるとその結婚欲って、結婚に恋しているような気がするよ。恋に恋した十代の頃のようにね。

もっと冷静に掘り下げて…社会基盤としての結婚制度・そして経済活動としての結婚(式)って思うと、すっごい冷めちゃう。
そこに夢の入るところはないよ。





…なんて思ってたら「今の離婚率ってどーよ?」って気になってちょっと検索…

ずーっと右肩上がりだったのが最近下がってきてて、それでもチャートを見る限りでは毎年離婚件数25万件超!

離婚率は…2%を超えたところだね…、下がってきているけど…それでも2%。

2%?=2/100! そんなもんだったの?!

私の身近には離婚がゴロゴロあるから…、まさか世間一般の離婚率がそんなに低いとは思わなかったよ…。


1,250万組結婚して、25万組が離婚すると…。

つまり…生涯添い遂げるカップルが圧倒的多数であり、何億人のヒトがいる中で…出会えた奇跡、「縁の妙」を思わずにはいられません。

それぞれ結果の数字だけなんだから、単純計算・単純比較は誤解のもとだけどね^^;







さておき、
ここ・この世界での結婚って契約に過ぎないでしょ。時・時代と場所によって移ろい行く、社会制度に則った契約。

「カップルが互いに魅力を感じ、パートナーとして互いを認め、共に在りたいと思って一緒にいる、でも制度としての結婚・契約はしていない」
…そういうカップルってどのくらいいるんだろう。

それはつまり一般的には同棲ってことになるけど、国勢調査とかで同棲世帯に関する調査なんてやらないもんね。

それに同性愛カップル、一部認められてきたとは言ってもまだまだ結婚制度を利用したくても利用できないんだろうし。






生涯添い遂げるものとしての契約事項、生涯一人の人を愛し続ける・愛しぬく。

そこに愛の美談が産まれることもあるでしょう。


しかし…良くも悪くも人は変わるもの。

生涯変わらない価値観が前提、変化を認めない怖さも感じます。


資本の都合による社会制度を、愛のオブラートでくるんで、マスメディアを使った幸せへのイメージ戦略。


一般的に結婚適齢期といわれるような世代のカップル、愛とは?結婚とは?…そこに違和感を感じることもなく、神輿の上に担ぎ上げられてしまうのでしょう。







思想として結婚制度に異を唱えている人…
んー、わざわざ異を唱える必要はないよね。

思想として結婚制度を必要としていない人・利用していない人…
どのくらいいるんだろうね。






感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 13:41| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

焼肉パーティー…

24日、KTさん主催、焼肉パーティー♪

始めて行ったお店、「どんどん」って焼肉食べ放題のお店。

お肉諸々いっぱいセッティングしてあって「ご自由にどうぞ!」…バイキング形式ではなく、メニューから好きなお肉をその都度注文、サイドメニュー・ドリンクのみバイキング形式のお店。

お肉の違いを意識して食べられる…
それがどこのお肉かなんてことには構わず、肉!って物体をひたすら口へ単調に運んでいく単純作業になりがちなバイキングじゃないこと。
…それがせめてもの救いであり、反面楽しみになり得るのでしょう。

しかしKTさんとご一緒することで、意識の半分以上を会話に取られてしまうことで、焼肉食べ放題の「はじめて行くお店」としての楽しみは半減。



帰り道、自転車で傘差し片手運転だったTさんと私、先行していたKTさんがバランスを崩し転倒!

打ち身?打撲?軽傷で済んだ様子はなによりですが。





その翌日、「話し忘れた、どうしても伝えたいことがある!」って、仕事の帰り道にミニストップで待ち合わせ。

聞けばなんのことはない、追加融資の依頼。

「今月末まで」期限を短く切ってきたことが希望でしょうか。

来月中には…延び延びになっていた「京都においてきた資産整理」に行くそう、それが完了すれば完済できる!とのことですが。





煮え切らないものを感じます。

感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 18:21| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母の浴室手すりとベッドと誕生日

静岡上空を飛行機が横切る頻度、それが間違いなく上がりました。

…落ち着かないものですね…。




母からの「お風呂場に手すりが欲しい」リクエストにお応えして、ヤフオクにて吸盤タイプを購入してみたものの、壁材質との相性悪く吸盤がつかないことが判明;

社内の介護事業部に行って相談し、「バスタブの縁から天井まで、仮組みの要領で固定する手すり」を一週間ほど貸してらうことになりました。

塩梅をみて購入することになるのですが…
その定価が約八万円(!)、社員ということで二割くらい引いてくれるそう(業務請負派遣でも関係者ww)。あとは介護保険の適用になるかどうか、それはまだなんとも…半々。





先日届いた母のベッド。
母はその上に布団をひいて眠っていましたが、遅れていたマットレスがようやく届きました。

そのマットレスはみっつ「頭部・腰部・足部」に仕切られていて、それぞれのポケットコイル・スプリングも「硬・中・軟」の三種類あって、それぞれを入れ替えることで寝心地を変えられる…そんな商品。

先ずは…頭部から順に「中・軟・硬」って、一番やわらかさを感じるセッティングにしてみました。

「(今までは)仰向けにまっすぐ横になることが出来なくて、いつも横向きに寝ていたんだけど、ベッドに寝るようになって、仰向けに寝ることが出来た♪」
…なんてとりあえずは嬉しそうにしています。

腰に不具合がなければ、このままで良さそうですね。
^^





去る25日は母の誕生日、予約注文したデコレーションケーキ誕生日仕立てと白ワインで乾杯しました。





何をしても「満足」することのない餓鬼。

母に何をしたところで虚しさ・やるせなさが残るばかりです。





感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 18:15| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

…その一つに過ぎない。(「ひとつであってすべてではない」加筆修正再掲

今ここの在り方って様々なモノが重層階層的に・パラレルに・同時に在る気配。

霊・魂・肉体、三位一体というものはもちろん。

…実は三位どころじゃないかもしれないね…




例えば…星占い・血液型占い・八卦・タロット…色々ある占いも、それぞれに真理はあるのだけど、それがすべてではない。

様々な在り方は楽しい。

正解にこだわるここの在り方はどうか。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:55| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

霊長の居候?(加筆再掲)

悪い事したら生まれ変わるときに動物にされちゃうよ!!

そんなニュアンスのことは誰でも子供の頃に言われた事があると思いますが。

その裏には人間が万物の霊長だと主張する念があると思います。





さておき、私は

…地球と生態系が在った、そこへ人間が居候しにやってきた…

のではないかと思っています。





動物にされちゃうよ!…なんてものは、「動物」一般に対して大変失礼ではなかろうかと。

上も下もない、前も後もない、愛し感謝し尊敬すべき同居人ではなかろうかと。

人が「生態系を地球を守れ!」なんて片腹痛い、畏(おそ)れ畏(かしこ)まり、「人事を尽くして天命を待つ」姿勢が基本ではなかろうかと。





論証・検証は学者先生のお仕事、私は言葉も軽い気楽な小市民♪

感謝します、ありがとうございます。


ラベル:霊長 居候
posted by moya at 20:14| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェラーリと夢

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

会社で雑談の折、私がフェラーリ買う気になってる話しが出て、聞いた先輩社員の一言。

「夢だよ、夢。」



いかにも

「遠くに眺めて…それで満足すべきであって、それを手に入れようなど考えるものではない!」

そう言いたげに聞こえました。






違います!

…夢はそういうものではないはずです!

…そんなあきらめ方をする人生なんてつまらないです!!


なんて反論するのも野暮でしょうから、笑って聞き流しましたが。^^;







「夢は見るものではない、夢は叶えるもの。」

以前…何かで目にした一節。



夢としてあきらめる事、それが達観?

夢にむかって邁進すること、それが成長・進歩につながるのでは?



たかが車一台のことで、酔狂なことです。www

感謝します、ありがとうございます。



フルーツショッピング






30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる
posted by moya at 20:05| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

「イエスキリストは神の一人子」

通りすがりにありました、黒地に白抜き文字で綴られた看板。

恐らくそこはキリスト教信者さんのお宅、社会・世間一般不特定多数へ発信したいメッセージなのでしょう。

論旨が解らないけれど、イエスという人を絶対視したいような、意図を感じます。



イエスという存在は…キリストとしての自覚はあったようにも思いますが、そこに言わんとしたものは

「下賎な私でさえ神の子であることは自明なこと、皆が神の子でないわけがない」

私はそんな意思にも思います。




しかし…絶対もなにも、そも幻影。

幻影に何を祈ろうというのでしょうか。




キリスト教というと、その原罪思想への違和感もあります。

罪なんて、いかにも人間らしい概念。

概念も何もわからない、生れ落ちたばかりの子が背負っている十字架。

酔狂な大人の世迷言では?www




平和な有様ですね。wwww

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 13:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルマの女王・フェラーリが見たニッポン/清水草一:講談社

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

自動車メーカーとしてはトヨタや日産よりもはるかに新しい、新興メーカーなのである。

先ずトリビア的情報、でもそれは意外でした。

へぇ〜。




日本にやってきたフェラーリ第一号車を辿ることから語られていきます。

スーパーカーブームを経て、家一軒よりも高額な、バブル時代におけるフェラーリの国内市場。

そして現代は、年収四百万でもフェラーリが買える時代。





憧れる車から、目標にする車へ、私の中で価値観のシフトがありました。

次に車を買うとしたらスーパーセブンしか考えていなかったけれど、フェラーリも現実味を帯びてきました。

指くわえて見ていたってつまんないし〜。www




感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 00:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

IQとバカ、そして自由自在。

『IQ(知能指数)は「IQ=精神年齢÷生活年齢×100」で算出される。

生活年齢とは実年齢のことで、精神年齢はその被験者の知的な能力が、何歳の人の平
均と同じかを表したもの。 』



それは年齢を基準にした相対値、指数なんだからそれでいいのかもしれないけど。
ある程度までの、子供に対する目安であって、大人には意味がない…なんて思っていたら。

ホームレスを対象にしたある調査結果。
…なぜこうなったのかわからない…現状認識能力の不足・欠如、知能指数の低い人が多かったそう。






ヘンリー・フォードの言葉が頭に浮かびます。
「思考することは、
この世で一番困難なことである。」





人をバカと言う定義は?
それとも私が、定義付けしないと解らないようなバカなのか?

子供の頃、「バカは生きることも死ぬこともできないから、それは存在しない。」なんて考えたこともありました。
生きることも、死ぬことも選択できないから、バカは概念上のモノに過ぎない。

でも実はそうではなく、皆が皆、思った以上にバカなのかもしれない。



或いは、「バカ」は純粋な蔑称?

そんな言葉・言語・語彙があることに卑屈を感じ、悲しみを覚えます。





自らが由とするところに自ずと在らん、自由自在にいきましょう。

感謝します、ありがとうございます。


posted by moya at 22:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症と車両回送

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン


今年は花粉症がおとなしいです。
数日に一回…くしゃみ連発することと、たまに目のむずがゆさをちょっと感じるだけ。
鼻水や鼻づまりもなく、普段と変わらぬ日常を過ごせています。
ありがたいですね♪




最近の車両回送は、ひと月に一回、週末の夜をあてがって…1〜2台くらい運んでいるだけ。
そのくらいだと本当に気負いもなく、息抜きのドライブのように楽しんで行ってくることが出来ます。
^^v


昨夜は「浜松〜伊豆急下田」、一本だけやってきました。
久しぶりだね〜なんて履歴をみてみれば、下田へ行くのは一年ぶり!


浜松へ向かうとき・下田から帰ってくるとき、普通列車での移動時間も楽しく、無事に行ってくることが出来ました。
今日一日中、寝不足感がつきまとったのはお約束でしょうか。
^^;




感謝します、ありがとうございます。


新規モニター登録






常時録画ドライブレコーダーあんしんmini【動画公開中】

☆☆現在某最大手ショッピングモールで「カー用品ランキング1位独占中」☆☆

車のバックミラーにあんしんminiを取り付ければ、

・万が一の事故対策に 【よくあるバイクの当て逃げもバッチリ!ナンバープレート録画】

・ドライブの思いで作りに(音声記録も可能)

・ブログやHPで簡単にドライブ動画を公開

・自動車運転の練習に

これまでは事故の瞬間20秒だけの録画が主流だったドライブレコーダーの欠点を解消

■常時録画で最新1時間の録画が可能

■事故衝撃がなくても録画してるからバイクからの当て逃げもキャッチ!

■SDカード1G付

■楽々10分取り付け、女性でも簡単です!

あなたは、事故の瞬間に相手の車の「ナンバープレート」覚えてられますか?

posted by moya at 22:17| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

ヒールのある靴

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

スタイル良く見せるためなんだね。

もしかしたら…女性を従属するものとした、動きを制約しようとする意図や、蔑視のなごりかなんて思っていたのだけど。

純粋にスタイル良く在ろうとする美意識の産物だったんだね。




ヒールあるものを履くようになって数ヶ月。

(といっても5cm程度だけど)

ようやく?なんとなく解ってきた気がするよ。

ペタンコの靴は…楽には楽なんだけど、なんかつまんないね。
^^;




感謝します、ありがとうございます。



フルーツショッピング






お洒落レディ必見のファッションアイテムが大集合
posted by moya at 23:39| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピ大レポート 第二回授業 心のセキュリティー〜実践編〜

それは昨今の日常に良く見られる風景。

天災・人災…色々ありますが、(幸か不幸か)それは私ではない。

今の私の在り方を決めるのは私自身。





もしかしたら検問・門番は仕事をしていないのかもしれません。www

種々雑多な情報を分け隔てなく取り込み、取り込んだ上で内なる自分が自己との関わりを判断。

感情…喜怒哀楽としては何も沸き起こりません、強いて言えば哀…悲しみでしょうか。



現代人的に過ぎる情景、悲しみの演出にも思えてきます。

現代人は少々のことでは喜べなくなり、必要以上の悲しみがもたらされ?求められ?ているのでしょうか。

少なくともそんな情報に触れられる人は、地球上で裕福な人間の上位三割位には入るのでしょう。





資本主義という一つのプロセス…必要な誤謬(ごびゅう)?

相対的なものとして必要な在り方なのかもしれないけれど、貨幣という…価値を尺度化した道具…その一つの功罪、(力・貨幣・価値…)持つ者と持たざるものの差が明らかになること。







その状態を理解しようとする私がいます、保護者のようになどとは達観しすぎなのかもしれませんが。

今ココの世界に在る者として、多重債務を越え・数々の転職を経て・金融商品を運用している派遣社員の身として、そんな情報をスキャンする精度は上がったと自負する身として。



顕在する私はそんな意識を持っています。

潜在する私は沈黙を守ったままですが。www




感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 23:19| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

フレッツからコミュファへ

インターネット回線を今日変更しました、フレッツ光からコミュファ光へ。

回線速度がちょっと速いのと、ランニングコストがちょっと安いのに惹かれて;

今日の夕方、無事に工事完了して、コミュファ回線を使ってネットしているのだけど。





だけど…無線LAN環境なので、光の回線速度がどんなに上がっても、無線LAN環境はそんなに早くできない;

むしろちょっと遅くなった気がする、回線速度が…じゃなくて、処理速度が;;

使う子機が…今まではカードスロット対応、新しいのはUSB対応、そのせいもあるのかな。

ウィルス対策ソフトが今までの「AVG」からコミュファ推奨の「McAfee」になって、ちょっと重くなります…なんて言っていたけど、そのせいもあるのかな。




なんかわかんないけど、でもまぁ無事に…ネットできる環境が出来てよかったね♪

夕飯の支度しながら食べている間に工事完了。私がやったら…2〜3時間はかかっただろうねぇ、さすがプロ任せて安心♪

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面 (修正再掲

外面(そとづら)と言うのがあります。

その人の良く着飾った、装った面であることが多いようです。




人に良く見せたい・見られたいという思い、そこからの行動である事は言うまでもないです。
ですが、当人からすればどちらも公平に愛すべき自分であり、無意識のうちに…今はこの面・ここからこの面…と切り替えていたり。でも外から見ると…表情から態度から、全然違う人になっていたりします。

それでも意識の上ではそれを当たり前に、変化を変化と認識していなかったり、実際全部繋がった一つの面であるのも一理。

本質としての価値観などは共通なのでしょう。




外から見ている側としても、表の一面だけを見るのではなく、中身を通して表面を見るようなつもりにしてみてはどうでしょう。

そうすれば本質が見えてきたり・面を付け替えるところが見えたりして、或いは新しい面の発見があるかもしれない。




外面(そとづら)良くても中身は一緒。
体裁であったりマナーであったり、面を整えることも社会人としてのマナーなのかもしれませんが、なにか上滑りを感じます。

そも…あなたはだれですか?





先ず森は森として見てみたらどうでしょうか、木々の一本一本への評価ではなく…って話しです。


どんな事でもそれをどう見るか、視点は自由。
正面から見るか・上から見るか・横から見るか・どう観るかは自由。


見る側の責任において自由。


感謝します、ありがとうございます。





ルーン占い講座
posted by moya at 23:09| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

焼き菓子好評♪

先週末と今日…自分で焼いて振舞った焼き菓子、それへの好評な声を頂きました♪

「おいしかったよ^^」

やっぱりその一言がなによりも嬉しいですね♪




感謝します、ありがとうございます。





posted by moya at 21:28| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠い…。

最近、やたら眠い。

日中にあくびをすることが増えました。





そして今日、「偏頭痛?眼底を中心にした、眼圧上昇を感じる高圧的な鈍痛」、それがまたやってきました。

従来は何をやってもおさまらなくて、寝ちゃうしかなかったんだけど。

今日は珍しく、シャワー浴びたら治まってくれています。





軸…時間軸?自転軸?、何かがずれてきているんじゃないかな…って、ふと思いました。

感謝します、ありがとうございます。





ラベル:眠い あくび 眼痛
posted by moya at 20:38| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする